Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハーバル・オーガニック・サウナ 再開 ※ '12年4月 現在閉鎖中

※ '12年4月 現在閉鎖中


IMG_0659.jpg

雨期の間、長らく閉めていた
ハーバル・オーガニック・サウナ
が今日、再開しました。

一体どこで情報を聞きつけたのか、
早速、何組ものお客さんにご利用いただきました。

日中は暑いのですが、夕方以降は涼しくなり、
サウナですっきりもいい感じです。

料金は変わらず、190バーツ。
サロン(巻き布)、バスタオル、シャンプー、
ボディーソープ、ドリンキング・ウォーター付き。
手ぶらで来てください。時間制限はありません。

12659981034b75991720120_import_20101123212527.jpg

サウナはスチームで、温度は45度ほど。
息苦しさはありません。
サウナ室は10人くらい座れる大部屋で、男女混合。
明かりが暗く、スチームが充満しているので、
同伴者以外と相部屋になっても、
気にならないと思います。
一期一会の出会いを楽しんでくださ~い。

着替えは、施設内のトイレか、
使っていないサウナの個室で行え、
水シャワーや休憩するベンチは、
オープンエアーになります。
ドライヤーの必要な人は申し出てください。

営業時間は、リウが起きている時間ならOKですが、
先程書いたように、日中は外が暑いので、
夕方以降が良いと思います。
私の居る現店舗でも、リウのいる新店舗でも、
コンタクトしてください。
営業時間は、17時~23時頃まで。

前にお客さんが居ない時は、機械が暖まるまで、
着替えをしつつ、10~15分くらい
お待ちいただくかもしれません。
(事前に時間をご予約いただいてもOKです。)

※食後すぐ、または飲酒後のサウナはご遠慮ください。
また妊娠中の方もサウナはできません。

それから、マッサージブースはあるのですが、
現在、準備中です。

今までは欧米人が多かったのですが、
今年発行の『地球の歩き方 タイ』の
チャーン島のページに掲載されているので、
今後は日本の方にも多く
利用していただけることでしょう。

場所:カイベービーチバンガロー入り口、
   幹線道路を挟んで向かい、
   内陸側にあります。
   ランナーカフェ新店舗脇です。

連絡先:booking@lannacafe.net
    081-089-6357 うた迄
   
スポンサーサイト

もしチェンマイ・コーヒーファーム見学ツアーを企画したら。。。 

1泊2日で訪ねたコーヒファーム、
色々な話題があって、全部で9話にもなってしまいました。
ほのぼのとした短い滞在でしたが、そこから感じるものがとても多かったです。
この念願のコーヒファーム視察は、10本の指に入る、素晴らしい人生の体験でした。
リウも、一緒に行った友達も、帰り際、
より多くの人に経験してほしいね、と話していました。
もちろん私も同感です。

そこで!!
来年の12月か1月、このコーヒファームへ行くツアーを企画し、
皆さんの参加を呼びかけることにしました。
お客さんとして、というより、仲間というスタンスで、
一緒にファームに行きましょう!

来年10月頃、詳細をまとめますが、今、仮に考えているプランは、
催行人数:10~20人(あまり多いと小屋に泊まれないので。。)
集合/解散;チェンマイ市内のどこか
日数;この村の滞在は1泊2日、もしかすると市内も1泊で、どこかに見学に行くかも?
日程;コーヒー豆の収穫期の12月か1月、
   NGOの担当者の都合により、平日になります。
催行回数:今のところ、1回。反響によっては、複数考えるかもしれません。
想定ツアー料金:まだ見積もれないので、すっごいアバウトですが、
        お1人10,000バーツ位。
       (車、宿泊費、カレン族の村への寄付金、
                      NGOスタッフへの謝礼など含めて)
        もし村の学校に寄れれば、そこにも何か寄付したり、交流を持つ予定。
参加資格:大学生(高校生?)以上の大人で健康に自信のある人
    この村から町の病院へ行くのは、すごく大変で、夜の場合は、さらに困難です。
    健康上、問題のない方だけの参加でお願いします。
    日本人を中心に考えています。
引率:ランナーカフェ(リウ&うた)、NGO担当者など。

実際どのくらいの人数が興味があるのか、回数は複数考えた方がいいのか、
など知りたいので、興味がある、と思った方、ずーーと先ですが、
来年の10月頃までに、ランナーカフェの「うた」までメールをください。
すぐに頂いた方には年末年始で、すぐにお返事が出せないかもしれませんが、ご了承さい。
メールを頂いた方には、来年10~11月頃、詳細が出ましたら、私からメールを差し上げます。
fairtradecafe@hotmail.com

来年の1月は、すでにスタバのスタッフの視察で、
受け入れ側のスケジュールが空いていませんので、
1年後の催行になります。

以下のブログを一通り読んでいただいて、
色々な状況を理解してくれる方のみの参加でお願いします。








臨時休業のお知らせ 11/30~12/4の夕方

11/30~12/4の夕方までカフェを休みします。

本当はハイシーズン中なので、
お店を閉める日があってはいけないのですが、
うちが取り寄せているチェンマイの山奥にある
オーガニック&フェアートレードの、
コーヒーファームの豆の収穫時期が12月~1月になり、
コーヒーについてのより深い知識を得るために、
リウと私で視察してきます。

戻って来たら、ブログにてファームの様子をご紹介しますので、
お楽しみに!

Chai Chet Resort Grand Villaの工事経過

ロイクラトン祭りの行われる11/2の日中、
チャイチェットリゾートのグランド・ヴィラの工事経過を見に行ってきました。
(この部屋の名称は、ラグジュアリー・ヴィラではなく、
グランド・ヴィラに変更になりました)

10月末に完成の予定だったのですが、工事の進行が遅れていて、
11月中旬にオープンになったこのお部屋、
まず、特出したポイントは、海、または庭が眺められるバスタブ。
(完成時には外にいる人から見えない様に、ブラインド的なものもあるとのこと)



そして、ベットルームと同じくらいの大きさがありそうな、
ゆったりとしたバスルーム。
シャワールーム、トイレはそれぞれ独立していて、両端にあります。



ベットルームからバスルームに繋がる扉は、



ベットルームの前面は大きな窓ガラスになっていて、
どの部屋からも海がどーんと見えます。



室内は。。。



コネクティングルームにもなります。

テラス
(柵が付くのかは聞き忘れましたが、おそらく有ると思います)





グランド・ヴィラの周囲は、





グランド・ヴィラは全部で12部屋。
このレベルのお部屋で、ホテルの設備も良く、
3800バーツ/部屋はお安いと思います。

クリスマス、年末年始でのこの部屋の空きは、
僅かながらあるとのことです。
12/31~1/2の宿泊に関しては、+500バーツになります。
料金はこのページの下の方をご覧下さい。

サンドビーチは、ホテル内にはありませんが、
徒歩1分のところがクロンプラオビーチの長ーい砂浜。
お部屋から水着で出かけられます。
ビーチ上のお店では、ランドリー受付、ツアーの予約、
お菓子、飲み物など売ってました。
夕方~はビーチバーがオープン。

またホテルの目の前の橋付近には、
漁船やダイビング船が泊まっています。
時間に寄っては、漁師の作業が見られるそう。
私が行った時も、
籠にかかったカニ、魚を引き上げてたローカルがいました。

年末年始のチャーン島

現在、雨季の真っ最中で、ハイシーズンのチャーン島は想像しにくいのですが、
年末年始まで、あとまだ3ヶ月以上もあるのに、
確認したところ、その期間の予約がすでに埋まっているところもあります。

ご旅行計画の参考に、
私の知っている範囲で年末年始の宿泊ホテル状況をお知らせします。

KBリゾート(カイベー):年末年始(確認した範囲 12/30-1/3)は確実に満室、
            おそらく12/20頃~1月上旬は満室だと思います。

シーブリーズ(カイベー):年末年始期間のエアコンルーム(素泊まり1200バーツ/室)も、
             ファン付きもまだ空きがあるとのこと。09'9/11現在

アマリ(クロンプラオ):ホテルのオンラインを確認すると、
            この期間の空きはありますが、
            値段が素泊まりで6,000バーツ/室もします。 


前、ご紹介したホテル予約サイトですが、
価格も安く、迅速な対応をしてくれます。
ここでまず空きをチェックしてみては、いかがでしょうか?
『iKohChang.com 』

バンコク-チャーン島間のミニバス(片道900バーツ)や
アクティビティーのご予約は、2~3週間前で大丈夫です。
12月に入ってから、ランナーカフェにご連絡下さい。
fairtradecafe@hotmail.com
081-089-6357 うた

それから天気ですが、例年11月には乾季となり、
2月下旬までは、ほとんど雨が降らない晴天が続きます。
その後、4月半ばの暑さのピークに向かって、
日に日に暑くなってきます。
その頃の天気は、時折雨が降る時間がある程度です。
その後、マンゴー、マンゴスチンなどの実りの季節となり、
安く美味しい果物が食べられます。
5月の中旬~下旬からまた雨季に入ってきます。

ところで、この11月頃から、
ランナーカフェはクロンプラオのKoh Chang Resortの付近に
ブランチがオープンします。。
正式に言うと、ランナーカフェではなく、
オーガニック&フェアートレードの商品を扱うミニマートみたいなショップです。
お茶を飲むスペース、そして余力があれば、デザートなども置く予定です。
ここランナーカフェは、リウの担当になり、
私うたは、新ショップに行く事になりそうです。
もう少ししたら、詳細をお知らせしますね。

雨季の遊び方

チャーン島は6月~10月まで雨季で、
現在も雨季の真っ只中ですが、
それでも世界中から毎日観光客がやってきます。

日によっては、雨が1滴も降らず、太陽が強く射しますが、
雨が激しく降り、止まない日もあります。
また、晴、曇、雨、目まぐるしく変わる日もあります。
特に7月はとにかく雨がよく降りましたが、
今月8月は雨があまり降らず、薄く曇りの日が多いです。

では、こんな天気の中、
何をして観光客の皆さんが過ごしているのかと言えば、

晴れている場合

◎海は波が高いので、浅瀬で波遊び



◎クロンプラオやサラコークのラグーナ(入り江)でカヤック

◎ホテルのプール


ブルーラグーン・リゾートのラグーナ沿いの桟橋で釣り



◎ラグーナ沿いのレストランプータレーシーフードで食事をして、
木の小舟にて、マングローブ/蛍観賞

ハーバル・オーガニック・サウナの広場に新設したペタング
(タイ語では「ペイトン」)で遊ぶ


南仏生まれで、欧米ではポピュラーな球技です。
タイでも割と流行っているらしく、
この島の小学生も遊び方を知っているそうですよ。
(写真はイメージ)
このサウナの敷地には、マッサージ、カフェブーズがあり、
これらを利用した方は無料で遊べます。

どんな天候でも楽しめる遊び


タイクッキング・スクール


クロンプラオのバンガロー、レストランを持つブルーラグーンの施設内、
ラグーナ沿いにあるキッチンスタジオで、
ハーブの詳しい知識の有るタイ人女性を先生に
8名程のグループでタイ料理3~4品を教わります。

◎スパやマッサージ

この時期、どのホテルもプロモーション価格なので安く、
人気レストランも混んでいないので、
快適にのんびり過ごす事が出来ます。

但し、オプショナルツアーでは、
ランナーカフェは皆様の安全とご満足度を考慮して、
シュノーケリングなどの海の遊び、及び
ジャングル・トレッキングのツアー予約は受けていません。
それでもこれらツアーに行きたい!、という方は、
各ビーチにあるツアーデスクでお問い合わせ下さい。
やっている業者があるかもしれません。

それから、観光のベストシーズンにあたる、
年末年始のチャーン島の旅を考えられている方、
今からホテルのお部屋を確保しておいた方が良いと思います。
すでに多くの欧米諸国から予約が入って来ています。
ランナーカフェで、毎年来るフランス人のグループの、
KBリゾートの予約を受けたのですが、
早くも来年2月の予約を入れていますよ。

タイマッサージ @カイベービーチ

昨日肩がとても重かったので、近所のタイマッサージに行きました。
以前から評判が良く、観光客に訊かれると紹介していたのですが、
私自身はまだ行った事がなかった、ランナーカフェの管理している
ハーバルサウナ併設のタイマッサージ。
うちとは関係ない団体がやっています。

受けてみると、目から鱗、こんな素晴らしいマッサージは、
星の数ほどマッサージ店の有るバンコクでもナカナカ出会えませぬ。
というのは、指圧が強いお店はいくつもありますが、
その人のコリや状態に合わせて、
ここまで丁寧にマッサージをしてくれるところは少ない。
時間きっちりに終わらず、ややオーバーしても、
コリをほぐれるまでやってくれる親身なお店です。

昨日の私はまずうつ伏せになり、
足の裏から腰、背中を揉まれていくと、
マッサージ師が急に「上を脱いで」と言いました。
上を脱いでっ言ったって、このマッサージ店は野外だし、
それにタイマッサージなのに、何で脱がなきゃ行けないのかなー、と躊躇していると、
「肩がすごく凝っているから、オイルを使って、しっかりほぐしてあげる」とのこと。

痛気持ち良いマッサージにはすごい充実感があり、
仰向けになった時には1時間過ぎたのかと思ったくらい。
まだ30分しか経っていなかったのに。。。

観光の島だから、マッサージのレベルはそれなりで、
どこも同じと思ったら、大間違いですぞ。
しかもここ、250バーツ/h(約680円!)で普通のお店と変わりません。

よく言われるのが、マッサージの善し悪しはマッサージ師によると言いますが、
お店全体として評判が良いので、
平均的に各マッサージ師の技量も良いのだと思います。
是非お試しを。。
「このマッサージのために、チャーン島に来たい!」
と5月に来たバンコクの友達エミちゃんが言っていましたが、
その意味がわかりました。
近くに有って本当にラッキーでした。

ちなみに、ここのマッサージ師の先生的存在、プレウさんは
タイ政府公認の国際的なタイマッサージのライセンス、
ヘルプホスピタル・ミニスターの指導資格も持っています。
今年の10月、11月にここでタイマッサージの講座を開設する予定ですので、
マッサージを専門的に勉強したい方、ここのマッサージ師、
またはランナーカフェまでお問い合わせ下さい。
コース例 5日間6,000バーツ(約16,260円)になると思います。

場所はランナーカフェから徒歩1分。
ランナーカフェを背にして、右手へ150m。
幹線道路の左手(内陸側)の、ハーバルサウナの敷地内の奥にあります。
営業時間は、9時から19時頃まで。
お客さんの流れによって、また予約があれば、多少遅くまでやっています。
11月~4月のハイシーズン中は23時位までやっていました。
1バーツ=2.71円(7/22 '09のレート)


ホテルプロモーション! 夏休みはチャーン島!


近々、チャーン島に遊びに来るSさんから、
超お得なプロモーション満載のWebを教えていただきました。

その名は『iKohChang.com 』
このページの右上にあるマーク、
Promotion&Discountのページに飛びましょう。
現在~10月末までのスペシャルプライス。
私もビックリするような値段です。
日本の夏休み期間は、雨季の半ばにあたりますが、
入り始めや終わり頃以外は、豪雨や1日中降り続く事は稀。
運が良ければ、夜に降って日中は天気、なんてこともあります。
去年知人が来た時はそのパターンでした。

このプロモーションの中で、
私が特に注目するのは、
カイベービーチのSea View Resortは、
デラックスルーム/コテージに1泊1部屋2550バーツ(~9/30)で、
おまけでもう1泊はフリー。
そして、The SPA Koh Chang Resortのパッケージ。

より関心があるのは、The SPA Koh Chang Resort
http://www.thespakohchang.com/specialoffer.html
↑このページがプロモーション直のページですが、
開こうとすると警告が出ても、無視して入って問題ないです。

島の東側の自然と調和したヘルシーブティックリゾート。
近くを通った時に、施設内を下見したことがあるのですが、
美しい静寂さがあって、すごく興味を惹かれました。

お得なパッケージの内容は、
島の港との送迎、スパトリートメント2h、ヨガ、クルーズ、
マングローブの船の散策、朝食が付いていて、1泊2日3990バーツ/人。
さらにお得な2泊以上のプランもあります。

まさに雨季にぴったりなチョイス。
サラペット湾にある島内一美味しいシーフードレストランも近いし、
近くのマングローブの林では、蛍も多く見られる事でしょう。(天候による)
滞在日程の一部をここで過ごしてはいかがでしょうか。
(全日程だと、ランナーカフェに来れないから。寂。。)
 
トリップアドバイザー(英語)のレビューをみても、
皆さん、このスパリゾート・ゴチャーンをお薦めしてますよー。

私も機会を作って泊まりたい!
(うちの母さん来ないかなー?)

写真:The SPA Koh Chang Resort



臨時休業のお知らせ&旅の行き先

来月6/16~7/8までカフェを臨時休業します。

で、、どこへ行くかというと、
関西に寄り道して沖縄本島と、ケラマ諸島内の阿嘉島の旅。
旦那リウにチャーン島よりキレイな海があること
を見せるための企画。

しかし、今世の中で大騒ぎになっている「インフルエンザ」の影響で、
自粛ムードになっている海外旅行を見て、
私達自身も来月に控えた渡航をどうするか、検討していました。
日本政府の発表やマスコミの報道だけでなく、
国立感染センター、今回の政府の対応を冷静に見ている政治家自身によるブログ、
それ以外のこの病気に関して知識の有る各方面の情報を
数多く読みあさってました。

読めば、読む程、確信したのは、
予定を変更する必要がない、ということ。
そして予防のためにマスクをする必要がない事でした。

http://idsc.nih.go.jp/disease/swine_influenza/2009who/09who36.html
↑5/3、国立感染センターのHPに載せた
「市内でのマスク使用」についてWHOの文書

今回の日本政府の対応、それに追随する動きをしているマスコミに、
思う事は多々ありますが、多くの人がそれを書いているので、割愛。
私が暮らしているタイは政情不安で、
マスコミが出さない隠された問題が多々あって半場飽きれ、
日本はもっとマシだろうと思っていましたが、
実はそれに負けないくらいの情報操作、隠蔽、贈賄が
あるようだということが、遅まきながらわかりました。

外国にある田舎の島で、雨季&インフルの影響で暇なのに、
あまりブログを更新しないのは、
そんなことを夜中まで調べているからでした..笑。
やや政治に興味が有るのは、タイの政治の話を話し出したら止められないリウや
かつて大学で政治学を教えていた父や母譲りなんでしょうかねー。


雨季なら、チャーン島の滝!


雨季に入ると海の透明度がイマイチになりますが、
チャーン島にある6本の滝は、
水量も多く、グリーンもきれいで全盛期。
滝壺で泳いたり、足を水に浸して本を読んだり。。。
天気がいい時を狙って、レンタルバイクでGO!

クロンプー滝やタンマヨム滝に入るには、
国立公園の入場料(外国人は現在100Bに割引)が必要です。
他の滝は無料です。その分、道中険しいけれど。

◎クロンプー滝(The Klong Plu Waterfall)

宿泊施設の沢山有る島の西側から一番近い滝で、
チャーン島で一番大きく、美しい滝。
落差30mの滝で階層は3段あります。
《上の写真》Photo by P.Juu

行き方:クロンプラオビーチ(幹線道路)から、
島の内部へ続く一本道(滝の表示看板)があり、
2キロ程で滝の駐車場に着き、そこから20分(約500m)の山道を歩き、
一段目の滝(10mの落差)にたどり着き、
滝壺で泳いだり、リラックスしている人がいます。
途中の山道では、珍しい木々や鳥を見る事ができます。
2段目以上は、足場が悪いため、ガイドがいないと行く事が出来ないようです。

◎タン マヨム滝(The Thanmayom Waterfall)

島の東側の中程、タンマヨム・ピアーから
島の内部へコンクリートで舗装された道を約400m入った
場所にある滝で途中果樹園を通ります。

階層4段あるミドルサイズの滝で、
正面に大きな滝壺があります。
1段目から3段目までは行く事ができますが、
一番上の4段目は距離があるので、行かない方が良いそう。
国立公園オフィスがそばなので、キャンプをしても安全とのこと。
ここから朝日が望めるそう。
この滝は、ラマ5世と7世が1876年と1927年に訪れて、
そのイニシャルが堀り残されています。


◎クロン・ノンシー滝(Klong Nonsi Waterfall)

島の東側の中程、タンマヨム・ピアーから島の内部に入った場所にある滝で、
ローカルの町ダン・マイやゴム農園、果樹園を抜けて行く。
小さなサイズの滝で、階段状。乾季~暑季は水がない。

◎クリベット滝(Khiri Phet Waterfall )

サラペットから2Kmのところにある、
ミドルサイズの12段の滝。
山道をハイキングすること1時間。
途中、サラペット湾を見下ろせる場所がある。

◎クロング・ヌン滝 (Khlong Nung Waterfall)

島の東側、サラペット付近から島の内部へ。
ジャングルの1本道をハイキングすること1時間(3.5km)、
滝に着く直前に、巨大な岩があり、
それを乗り越えてやっと滝にたどり着きます。
島内の滝で、結構道のりが大変ですが、
チャーン島で一番落差のある滝で、
正面には胸位の深さ程の滝壺があります。
クリペットと近い距離にあります。

◎ナン・ヨム滝(Nang Yom)

東側の警察署付近から島の内部へトレイル。結構歩くらしい。
スモールサイズの滝。 




滝に行く途中の山道で、
珍しい鳥や昆虫が見られるかも?

チャーン島のマップで滝の位置を確認下さい。


Appendix

Twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

Author:uta
FC2ブログへようこそ!

Extra

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。