Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャーン島&周辺の島々 '09 May 更新


マップ上は本土側トラート県。
フェリー乗り場が3カ所あります。
掲載:09/5月

スポンサーサイト

チャーン島全体Map '09 May更新


掲載:09/5月

画像をクリックすると、
拡大します。

トラートの町中  '09 May更新


チャーン島は、トラート県の島。
この地図は、本土側トラートの町中のマップ。
トラートのバスターミナルなどから来られる方、
お役立てください。
バスターミナルは、町中から1km離れているところにあり、
バスを降りるとそこに待機しているソンテウの運転手が行き先を尋ねます。
センターポイント(タマチャートはさらに遠い)に行きたいと告げて、
ソンテウに乗り込みます。
センターポイントまで20キロちょっとで、ソンテウで30分程。
料金は、40~60バーツくらいかも?
(ソンテウに同乗する人数によって、若干変わり、
他に港まで行く人がいないと100バーツになるかも)

チャーン島から行かれる場合

本土側のタマチャート港にソンテウが待っているので、
それに乗り込み、トラートのバスターミナルまで行きます。
(メータータクシーはいません)
バスターミナルまで20kmくらい。
乗客の数により、少し待ったりすることがあるかもしれません。

トラートのバスターミナルからメータータクシーを利用すると、
180バーツくらい。

マーク島 Map '09 May 更新


ゴムやココナツの木が沢山!
キレイな長ーい砂浜もあって、
バンガローも沢山有ります。

グート島  ’09 May 更新



タイで4番目に大きい島。
(プーケット、チャーン島、サムイ島の大きさの順)
チャーン島よりもかなり未開の島。
チャーン島バンバオ、または本土側のトラート県のレーム・ンゴープから
船が出ています。

サラッ・ペット  '09 May 更新



チャーン島東側の南端。
ローカルが住んでいたり、ちょこちょこバンガローも有るけれど、
まだまだ手付かずの自然が多い。
マングローブのラグーンは、サラッ・コークSalak Khok(マップ上)。

近くにスパリゾートという素敵なヘルシーリゾートや、
OTOPショップもある。

またサラッベットは島内最大のフィッシャーマンズ・ワーフで、
チャーン島で一番美味しいシーフードがあります。
海に大きな生け簀があって、魚もフレッシュ!
タクシンやサマックといった歴代首相やタイの芸能人が
訪れた写真が飾ってあります。
この付近にマングローブの群生している公園があり、
夜には蛍が飛び交い、数の多さはチャーン島一番。

この先のロングビーチは一部を除いて、やや石の多いビーチ。
そしてロングビーチに行く道は相当な悪路。
さらに奥に行くと、タイの歴史上唯一の出来事、
フランス軍がタイに攻めて来て、
この沖で戦い、タイが勝利したという謂れの記念碑が建っています。

バンバオ



チャーン島内の南のフィッシャーマンズ・ワーフ
青い線はボートウォーク。
南端は離島やダイビングへ行く船乗り場。
上のマップは07/4月のもの。
下のマップは09/5月。

ロンリービーチ&バイラン Map 09 May 更新



バックパッカーの好みそうな秘島感。
ローカルの経営する安めのバンガローが多い。
バイラン付近はレンタバイクなどないと、動きが取れない。

クロンプラオ&カイベービーチ マップ



クロンプラオは、高級リゾートホテルがあつまるビーチ。
幹線道路沿いにお店が少ない。
カイベービーチは、ローカルが経営するバンガロータイプのリゾートが
多く、比較的静かなビーチ。
お店は程よくある。沖にはカヌーやボートで行ける小島。
ランナーカフェ(マップ内の2号店と書いてある場所が現在のカフェ)

1号店は、ランナーカフェのプロデュースするハーバルオーガニックサウナ。
190バーツ。(シャンプー、石けん、バスタオル、巻き布込み)

ホワイトサンド・ビーチ Map

White sand Beach01

White sand Beach02


チャーン島内、最長のビーチ 2キロ
一番賑やかなビーチ
掲載:07/4月

Appendix

Twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

Author:uta
FC2ブログへようこそ!

Extra

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。