Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耳元で聞きたくなるタイ語

06/10/26

撮影直前になり、連日夜中に帰る。
起きて仕事、仕事して寝る状態。
こんな時の一番の気分転換は、チャーン島にいる旦那リュウからの電話。
1日平均5回、話題ある時や喧嘩をすると10回以上かけ合う。
電話の切り出しの台詞は極めてタイ人的。
「ご飯食べた?」「何してるの?」「どこに居るの?」「天気はいいの?」

この会話続き、私は会社で耳にしたタイ語を使ってイタズラをする。
同僚タイ・ネイティブ達は日常会話で、辞書にない言葉を多様するので、
興味本位で乱暴なスラングと分かっていても使ってみたい。
まるで、小さい子供がこの手の言葉を使ってわざと親を怒らせる事と同様。
その言葉にどれだけの言霊(ことだま)の力があるのか知りたい。
使ってみると案の定、怒られる、何で美しいタイ語を話さないのって。
外国人が美しい現地の言葉を話せたら素敵なのは分かっているけれど。。。

ちょっと話は変わって、
キャスティング会社の、オカマのPウアン。
今回の仕事で初めて会ったのだけれど、話し方が本当にチャーミング。
タイ語は語調に高低差がある美しい言語。
ほとんどのオカマの人の話し方は、語調があってきれいなのだけれど、
このPウアンのタイ語は特に。声を聞いてゾクゾク。。。
彼が話す言葉を耳元で聞きたくて、打ち合わせやキャスティングで来ると
わざとすぐそばに座って、耳をそば立てています。
本当はこういう高低差のある、耳元で聞きたくなるタイ語が話したい。

関連記事
スポンサーサイト

タイで浦島太郎


06/10/22

タイ、またはバンコクと言えば、何でしょう?
きっと答えの上位には「屋台」や「市場」が上がってくると思います。

最近、撮影ロケ地でこれらを探すことが多いのですが、
実は結構難しいのです。
もちろんロケをするのに適さないという場所もあるのですが、
それ以上に区画整理やこのところの建設ラッシュでこういったものが
無くなったり、姿を変えて大型スーパーの前に整然とあるものになったり、
変化しています。

少し前は絵になるローカルな市場を探していて、
アユタヤまで行ってみましたが無くなっていました。
この情報をくれた人曰く「10年前はあったのにな。。。」でした。

このところのバンコクは急速に変わってますので、
1~2年内でも起こりえることです。
皆さんも浦島太郎にならないように。。。

ところで、先日工事現場前で気付いたことがありました。
こんなに工事が遅れて、ソフトオープンだらけの
タイにも建設行程表があったということ。
写真内数字は、上から
建設期間目標:912日/作り始めてから:321日/残り:591日
スクンビットソイ24の工事現場にて。

関連記事

アルコール飲料の行方~タイ政府


06/10/18

タイではタバコの陳列販売禁止になってしばらく経ちますが、
今度は本格的にアルコール飲料にまで厳格な法律ができそうです。

数日前、タイの保健省はアルコール飲料について、
広告の全面禁止と25歳未満への販売禁止の方針を決定し、
閣議で検討することになっています。

私は外国人なのでタイの政治について何か言える立場ではないのですが、
これよりもマナー教育を徹底した方がよっぽど国を良くするのではないかと思いました。
アルコールを1滴も口にしないリュウはこの法律に喜ぶかと思いきや、
「こんなのは馬鹿げている、タイには自由が無い、民主主義も無い」と嘆いていました。

最近私のお気に入りの男性キャスター、ソラユットさんの番組で、
社会問題を取り上げるモノが平日毎晩、放映されています。
(日本で言うと田原総一朗のような人かな?まだ若いけれど。)
昨夜はゲストを3人招いて、このテーマをを討論をしたのですが、
そのゲスト一人の政府関係者。
さんざん政府としての立場で話をしていたのに番組最後のコメントは、
「実は私は(アルコールを飲める年齢は)20歳以上でいいと思っています。
選挙権は18歳からだし………」
まだ検討段階だから、政府側が個人的な意見を出しても良い???

この「トゥン ルーク・トゥン コン」はお薦めな報道番組です。。
治水対策、空港騒音、国王に手紙を書いて重病のお母さんを
助けてもらった女の子のインタビューなどが、このところの番組テーマでした。
http://www.sorayut.net/←ソラユットさんのニュースサイト(タイ語)
写真はキャスターのソラユット氏

関連記事

タイのCM

06/10/16

タイのCMは世界的にとても評価されているのですが、
なかなか業界以外の日本人の皆様に紹介する機会がありませんでした。
でも、最近とっても素晴らしいサイトを見つけました。
しかもそれが仲良しのお友達が運営しているサイトと知ってビックリ。。
言葉がわからなくてもとっても笑えます。日本語訳も有り。
是非ご覧下さい。。。
http://ameblo.jp/thaiad

http://ameblo.jp/dailythailand/
↑タイ料理好きな方はこちらのページも

関連記事

Nangrual (ナンルアル)~カイベービーチ '09 Nov更新


チャーン島カイベービーチのバンガロー。
タイ語でナン ルアン=カモメという名前の
ピンクの可愛らしいバンガロー。
オーナーはオカマのタイ人という話。

リゾートの目の前はもちろん海。。。
目の前は低く護岸されていますが、リゾートの隣からもう砂のビーチ。
そのおかげで砂浜に面しているリゾートよりも人の往来が少なく、静かな時間を過ごせそう。
また併設レストランで、週3回オカマショーをやっています。

全室エアコン、ホットシャワー、テレビ、バルコニー付き。
http://www.nangnual.com/Nangnual-RoomE.html
↑ルームレイトはこちらをご覧下さい。
通常は1ベットですが、エキストラベットも追加可能と
前に聞きましたが、ずっと前のことなので要確認。
ナンルアル・リゾート 
05840-3024(英語もしくはタイ語)
http://www.nangnual.com/indexE.html
       

関連記事

ブロードウェイ、バンコク初上陸&蛇ネタ

06/10/14

バンコクにブロードウェイ・ミュージカル「ウェストサイド・ストーリー」が初上陸。
クーデターに屈して公演を中止にしたジャニーズの嵐のようではなく、
きちんと来てくれた。アメリカ人だから屈しなかった?

先々週、弊社の社長が「せっかくだから、社員みんなで行こう」というのと
2階席でも約6000円するチケットを社長が出してくれる話だったので、
経理のエも、ミサトも賛成して成立。
(もし自分たちでお金を出す話だったら、誰も行かないと思う。
まだ、こういう娯楽に対してお金を払うという感覚がないから。)

そして公演は昨夜。。。
タイ文化センター、大ホールはほぼ満席状態。
実はバンコクもメジャーなイベントをすれば、こんなにも人が来るのだ。

知らないストーリーと思ってたけれど、
いつかどこかで何度も聞いていた耳なじみのあるテーマソング
♪tonight~♪tonight~が歌われてびっくり。
こんなに浸透している話だったとは。

すべての人が楽しめるエンターテイメントという面で言うと、
バンコクは東京と違って、非常に数が少なく退屈とも言えるところだけれど、
今後、国が発展して行けば、中流階級も増え、多く人達が、
娯楽にお金を出す余裕ができ、楽しむチャンスも増えることでしょう。

全く関係ない話ですが、
チャーン島のカフェには今日もコブラ柄の蛇が出たそう。
今度は庭だったので、蛇はファイターに殺されずに逃げました。
私のうちでは、子供のヤモリが真っ黒黒に乾涸びて死んでました。
いったいどこから?そんなに食べ物のない家でもないんだけど。。

関連記事

訃報 アヒル夫婦

09/10/11

昨夜の雨はひどかった。まるで滝壺にいるよう。
私の住んでいるアパートは水はけが悪い方でないのに、
くるぶしを超える深さの洪水。
1階に住んでいるので、浸水しているのではないかと、
びくびくして帰った。セーフ。。。。
あと10センチ、水かさが増えていたらで床下浸水だった。

そんなことよりも私にとっての大ニュースは、
夕方、アヒル夫婦がタクシーによってひき殺されたこと。
このアヒル夫婦はオフィスの近所で放し飼いにされていて、
先日のこのページで、私が手本にしている夫婦像であり、
近日中に写真を公開する予定と書いたばかりだった。
オフィスでもこの近所でもみんながこの話題でもちきりだった。
泣かせるのは、2羽一緒に死んでしまったこと。
本当にいつでも寄り添って、羨ましかった。

ビックリ&残酷 なのは、この後の話。
アヒル夫婦の屍をもらった賄いのジュック(運転手のジュックではない)が
それで料理を作り、近所の人達とパーティをしたこと。肉は固かったという感想。
タイではよくアヒルを食べるのだけれど、
私はしばらく(もしくは一生)は食べないつもり。。

関連記事

美しいバイク


06/10/10

昨日夕方、トンローで美しいバイクを見つけました。
運転席の後ろ、左右と大きい花輪3つもくっ付いています。
私「こんなバイク欲しいよっ~」
ジュック「これ、葬式用の花輪だけど」

関連記事

蛇と戦う男


06/10/09

チャーン島は、プーケットやサムイ島などのリゾートと比べて自然が多い。
旦那リュウのカフェ兼自宅も敷地の裏はすでにジャングル。
この雨季の終わり頃は雨がとても強く振り、
山の土も水が飽和状態。

こんな時期出てくると言えば、蛇や蜘蛛。
山がこんな状態なので、避難をする。
今までにキングコブラと庭で遭遇したり、
ベットの下にアオダイショウ、部屋にでっかい蜘蛛の出没の話があった。
いずれも相手が逃げて行ったため交戦状態にはならなかった。  
          
しかし昨晩のこと。
リュウがトイレに居るところ、出て来た黒蛇。
ボールペン程の太さで長さ50cm。この手の蛇は毒が強いそうだ。
すでに用意してあった木の棒。
頭の所を打!打!打!
黒蛇は脳震とうを起こしたのか、戦う気力も無く死亡。
仏教徒なのに。。。オークパンサー(出安居)を過ぎたせいでしょうか?
本人曰く、外で会ったなら殺さないけど、
家の中では、こちらが生きるか、死ぬかの瀬戸際なのだ、と。。。

写真:蛇と戦った男はこの人。

関連記事

暢気な渋滞

06/10/08

今日は日曜日にも関わらず、
差し迫った撮影があるのでロケハンに出かけた。

その帰り道、新空港スワンナプーム→スクンビット方向の高速道路に乗った。
間もなく車が詰まってきた。
ドライバー、ジュックは「(ここは混まないのに)何で渋滞?」と呟く。
しばらくノロノロ走ると進行方向左手、
一般道の向こうの空き地に30人程の人集り。
何、何、何?車内の全員が、そっちを注目。
運転しているジュックもさらにスピードを緩める。。。

人集りの脇に来た時、高速道路の荒いフェンス越しに見えたのは、
左右に土を盛って、BMX (bicycle motocross)のイベントが行われている風景。
なーんだ。。それで、上り下り共に見物渋滞か。。。
ん?良いのか、それで???

日本の高速道路にはコンクリのフェンスが付いていて殺風景だと思ってたけれど、
やっぱりタイでも周囲の風景が気にならないようフェンスを付けるべきでしょう。

関連記事

Appendix

Twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

Author:uta
FC2ブログへようこそ!

Extra

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。