Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アゲ過ぎ


08/01/31

私と付き合うと、
その男性の仕事運はめきめき上がるというジンクスがある。
それは私の腕、「飴と鞭」の懐柔政策によるもの。

その効果は付き合ってまもなく芽が出て、
時とともに大きく変化する。
頂点は、まれに別れた後に来る事もあるが、
私としてはおおかた満足である。

先の日曜日、ルンピニ公園へ撮影の下見で行ったときの事。
独りで数時間、公園にいるのは退屈なので、
チャーン島からわざわざ私に会いに来た旦那リュウを伴って行った。
しかし、芝生に座らないうちに、「飲み物を買ってくるよ」と消えてしまった。
しばらくして戻ってくると、「ちょっと買い物に行ってくるよ」
不満な私は「せっかく久しぶりに会えたんだから、
恋人らしく、ゆっくりしようよ」と言うと、
「ぼくはビジネスマンだから、そんなことは時間の無駄。」

昔は霞を食べる仙人のようだったのに、
いつからこんなになってしまったのでしょう。
私の政策の行き過ぎか、、とほほ。

写真)独ぼっちになった目の前の光景、ルンピニ公園。

関連記事
スポンサーサイト

ワットポー


08/01/30

タイでのロケに限らず、
CM撮影には必ず天気予備日を設けます。
でも、もし予備日を使わなかった場合には、
日本から撮影隊のその日はフリーになります。

という事で、一昨日、バンコクのお寺巡りをしました。
お寺と言えば、定番ワットプラケオ(エメラルド寺院)&ワットポー(涅槃仏)。

ワットポーはプラケオに比べて人が少なく、
黄金の涅槃仏はエアコンの効いた室内で、
優しい顔で寝転んでいるので、サバイサバイ。
あっつーい外ロケの最中、
この暢気に寝転んでいる涅槃仏を頭に思い浮かべたら、
どんな気持ちになるでしょう。

先々週の週末、ルンピニ公園内の人の量をチェックする為に、
3時間、一定地点に留まっていました。
少しだけ雲が浮かぶ青空のきれいな日でした。
木陰で本を読むつもりだったのに気が付いてみると、
すっかり眠くなって夢心地。
涅槃仏のようには目を開けてられません。

関連記事

思い出の店


08/01/15

年末年始、心待ちにしていたお店に行きました。

うちは、いわゆる中流家庭なのに、
なぜか小さい頃、洋服を買うといったら、
日本橋三越で、両親が4人の子供を車に乗せて、
ちょくちょくお買い物行き、そのお昼に寄っていた店。
(でも子供心には、なんでデザインの凝っていない、
普通の洋服を買ってくれないのと思っていました。
今考えると超贅沢な話ですね)

高島屋裏にある、たった8坪で、幅一間ないような、
まさに鰻の寝床のような老舗の鰻屋。
「美国屋でご飯を食べた夜は、
体がぽっぽして眠れないよ」と食べに来る度に、
父がはしゃいで言っていたことを思い出します。

数十年振りに食べた懐かしい味。
炭の香ばしさに柔らかいうな重を美味しく頂きました。

東京には、そんな思い出のある
特別な店が何軒もあります。

関連記事

ANAのチャーン島パッケージツアー ~'08  3/31

チャーン島が身近になりました。
ANAから、飛行機(成田-バンコク、バンコク-チャーン島)+ホテルが
セットになったプランが発売されました。

5日間、6日間コースがあり、価格は99.000円~。
http://www.ana.co.jp/travel/int_pkg/07b/asia_resort/105/index.html
↑詳細はANAのサイトをご覧下さい。

成田-バンコク、バンコク-トラート(チャーン島)の航空券が
セットになったことで、バンコク-トラート間のバンコクエアウェイズの運賃がお安くなってます。
もしバンコクに寄る場合は、+7.000だそうです。
(成田発午後便でも24時間以上の滞在の場合は追加料金)

関連記事

モノトーンの服

08/01/09

この17日まで、朝の服選びは慎重に行わなくてはいけません。
1/2に王様の姉のガラัヤニ王女が亡くなったため、
国として、15日間喪に服すことになったからです。

うちの会社はもちろんのこと、
カラフルな色の服で溢れていた街も今は
喪に服すカラーの黒や白のみ。。
朝の通勤時間では、驚く事に、外国人でも
このしきたりに従っている人がほとんどです。
今朝、通勤途中、視界に入った人の中で、
派手な色を着ていた人はたった一人の観光客風の欧米人のみ。。

あと1週間残っているので、
早めに洗濯して、着回さないと。。。

関連記事

謹賀新年

08/01/01

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

旦那リュウを一人チャーン島に残し、
しっかりカフェで働いてもらい、
私は東京の実家で食欲のお正月を迎えています。
ここぞとばかり、毎日ハイカロリーな伝統的な日本食を食べまくってます。

しかし何度、「寒い!」と口に出したことでしょう。
帰ってきた初日は、会話のどこかしらにこの言葉が入って、
2~3日で軽く100回は言ったでしょう。
だってバンコクの気温は、30度。

元旦の今日、
タイからのあけおめメールがいくつも携帯電話に入ってきました。
「明けましておめでとう。怪我がなく、貧乏になることなく、
 お金持ちになるように。」
などなど、お金持ちになるようにとのコメントが多いのは、
タイにおける中国の影響の1つでしょうか。
それにしても、あ~、本当にお金持ちになれるといいですね。

関連記事

Appendix

Twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

uta

Author:uta
FC2ブログへようこそ!

Extra

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。