Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アヒルの、中華ソーセージ屋


08/04/22

先日、旦那リュウが甥バンコク案内した時、
タイの暑季の暑さに甥が参って、
歩かなくなってしまった。
だから、せっかく中華街に来たのに、
来ると必ず寄っている老舗の、
アヒルの中国ソーセージ屋に行けなかった。
実はそれをちょっと気に留めていたリュウ。
前に書いたかもしれませんが、
リュウが小さな時から買っていた店なのです。

その翌日、熱が出て寝込んでしまった甥を置いて、
母と私とリュウで、王宮観光の帰りに、
あらためて中華街に寄りました。
リュウの先導で歩いたのですが、
真っ先に寄ったのはこの店。
念願叶って買えた時のこの表情。



なんて私と食の好みが合わないのでしょう。
リュウは粉ものがきらいで、パン嫌い。
一方私は、1日に1回は食べたい派。
ソンクランでチャーン島に行った時、
カイベービーチにはパン屋がなく、
食べないよりは気分的にましなので、
セブンイレブンのパンで我慢したくらい。
その時、心に誓いました。
いつかランナーカフェでパンを売るのだ。

そして撮影間近なのに、一昨日からパン作りを始めました。
初日は石、昨日はパンとクッキーのあいの子が作れました。
いつになったら、おいしいパンができるでしょう。
関連記事
スポンサーサイト

新カフェ犬になれず。。。


08/04/21

半月くらい前、カフェの前庭のウッドデッキの下に、
8匹の赤ちゃん犬が引っ越してきました。
島のノラの子供達。

大きな犬、車、バイク。。
周りには危険がいっぱい。
だから、ご飯を食べるときだけハイハイで出てきます。

飼っていたカフェ犬ブラウニーが失踪して1ヶ月。
新しく飼うのはいいけど、8匹は大変だなーと、
旦那リュウと電話で話していたら、
私がソンクランの時、カフェに行ったら、3匹に。
みんなが欲しいって言ったから、あげちゃったって。
今日には、もう1匹しか残っていません。。。
リュウはブラウニーが戻ってくるかもしれないから、
まだ新しい犬は飼いたくないみたい。

ソンクランの時、KBリゾートを歩いていたら、
かつてカフェ1号店で飼っていて、失踪をした三毛猫、
アップルちゃんに会いました。
現在営業している2号店に連れて行きましたが、
もう知らない人だものって感じですぐに出て行ってしまいました。
ちょっと切ないわ。

関連記事

フィッシング・ツアー

めったに釣りをやらない人が行ったって、
きっとボウズだろうに~。。。なーんて、
夜釣りのツアーに行く甥を冷めた目で見ていたら、
なんと!!3キロにもなる大物を釣って帰ってきました。
こいつの名前は、タイ語で「プラーグラオ」だとか。。


一緒に行ったのは、旦那リュウとアメリカ人のベンさん。
ベンさんは、魚のえさ用のイカが何匹も釣れたとか。
初心者の方でもOK。船のオーナーが丁寧に教えてくれます。

KBリゾートに預けておいて、
翌日、料理してもらいました。
大きいだけに大味かと思ったのですが、
新鮮だったせいか、とても良いお味でした。

身が多くあって、あっさりでした。



ピリ辛のソースで食べました。



あっさりスープでした。



運を試してみたい方、参加してみませんか?

【フィッシング・ツアー/Sea Hunter Tour】
デイフィッシング・ツアー 9:00~16:00 頃
ナイトフィッシング・ツアー 18:00~23:00頃
釣り道具/ランチ or ディナー/ドリンク/スナック/ホテル送迎 付き
料金 1300バーツ/人
※丸1日ツアー・2500バーツ/人 2日ツアー・4500バーツ/人もあり
http://www.seahuntertour.com/fishing_result2.html
バンバオから船が出港します。


島内のアクティビティの料金はどの代理店も同一です。
日本語かつ、きちんとフォローできるランナーカフェでどうぞ。
予約時の必要事項:
日時/人数(大人/子供←年齢も)
ピックアップ先(ホテル名/お部屋番号←前日でOK)
携帯電話などご連絡先(任意)

【ランナーカフェ・インフォメーション】
Kai Bea Beach KBリゾート入り口
営業時間:9:00~22:00 不定休
所在地マップ:http://blogs.yahoo.co.jp/magnet309/46440004.html
E-mail: fairtradecafe@hotmail.com (英語、タイ語、日本語)
電話:087-056-3450(英語、タイ語)リュウ
   081-089-6357(日本語)ウタ
関連記事

バンバオ チャオレー・シーフード

サラペット湾と並んで、シーフードで有名なのは、
南端のフィッシャーマンズワーフ・バンバオ村。

1本の長い桟橋の先端に向かって、
100mくらい入った右手にある「Chao Lay Seafood」。
地元でも美味しいとの評判です。

私はここの「グントート・マカーム」が大好き。
揚げ方とソースの硬さがちょうどいい。



今回はタイが久しぶりの母と2人で、
頼んだメニューは、かにチャーハン「カオパット・プー」


エビしんじょう「トート・マングン」


空心菜炒め「パッブン・ファイデーン」とオーソドックスなものですが、
どれも美味しく平らげました。

オープンエアーで、海抜けになっています。
方角が違うので、夕日が落ちるのは見られませんが、
テーブルから広い空の夕焼けが楽しめますよ。


母の楽しそうな顔もご覧下さい。



【Chow Lay Seafood】
Tel: +66(0)3955-8118,
Mobil: +66(0)81-1917-9084
Add: Banbao
関連記事

サラペット・シーフード  その2

先月末、母と甥がチャーン島に遊びに来た時、
ランナーカフェが独自に主催している「サンセットディナー」に
連れていきました。

夕食の前にカタマランヨットで、
離島へ遊びに行っていた事もあって、
お腹はぺこぺこ。
ちょうど夕日の沈む頃だったので、
食事中はこんなきれいな光景を眺めながら。。。
(写真はツアーご一緒した金子さんに撮っていただきました。)



メニューは、旦那リュウ一押し、
地元で穫れたイカを一夜干して、
さっと揚げたもの。
「プラムック・デートディヨウ」
カイベービーチのタイ人にも人気で、
お土産に持って帰ったくらい。


私が一番好きだったのは、
さっぱりしている醤油味の蒸した白身魚。
「プラーガオ・ヌン・ショウユ」
大きいのに、ぺろっと食べちゃいました。


その他、
揚げたエビに甘酸っぱいタマリンドソースかけた、
「グン・トート・マカーム」。
このソースがもう少し固めだと、私好みなのだけれど。。
そして「ホイ・シェル(ほたて)」などを食べました。
前回驚きの美味さだったホーモックタレー、
それを食べたかったのですが、残念、、、なかったです。




そしてお腹いっぱいになった後、
食後の散歩、マングローブの林に蛍を見に行きました。
今回も結構な数見られて、満足でしたよ。

【Sala Phet Seafood】
Tel.66 3955-3099, 66 3955-3100, 66 1429-9983
場所:チャーン島東部から最南端のサラベット湾。
タイ人のグループが入る事があるので、
できたら予約がベスト。
料理も時間がかかるので、予約時に注文してもよいかも。

http://blogs.yahoo.co.jp/magnet309/46440784.html
↑サラッベットは左下。東側に行き、道についている
看板に沿って行けばわかります。
http://www.kohchangsalakphet.com/index_e.html
↑サラッペットシーフードのサイト
バンガローもあります。
関連記事

のんびりソンクラン



08/04/17

ソンクラン(タイの正月)休みは、例年のように、
チャーン島に行ってきました。
2週間前、母と甥と遊びに来た時は、
シュノーケリングをしたり、蛍鑑賞したりとあちこち行ったのですが、
今回、水掛けの日には、カフェから一歩も出ず。。。
とは言っても、じっとしていることができないので、
前庭も後庭も掃いたり、食器を洗ったり、整理整頓したり。。。
一方、旦那リュウは、
ソンクランは、皆水掛をしているから、
カフェに来る物好き客はめったにいないのだと、椅子に座ったっきり。
細々した事は、私がやってしまうから。
リュウにとって、相当楽しい1日だったことでしょう。

写真上;部屋の奥にどかんと座って、TV観賞中。
写真下;外界の様子(カフェの前)
関連記事

ミニバス(1)バンコク・ホテル(自宅)⇔チャーン島・ホテル ’10/May更新



ゆったりシート(3列9人乗り)のワゴン車
※バンコク市内のご自宅、またはホテルから、
チャーン島のお泊まりになるホテルまで送迎いたします。
その逆ルートの有り。

※バンコク市内の送迎可能エリア:
カオサン、プラトゥーナム、サイアム、シーロム、
フアランポーン、スクンビット周辺
(ソイ55よりも内側のエリア)。
スワンナプーム空港(待ち合わせが困難なため、送りのみ可能)
※上記エリアにない場合には、チャーターになりますが、
通り道の場合もありますので、ご相談ください。

※チャーン島内の送迎可能エリア
ホワイトサンドビーチ~クロンプラオ~カイベービーチ。
※ロンリービーチ、バンバオへの送迎は追加料金になる場合があります。
※島の東部への送迎はできません。

値段:900バーツ(片道/大人)フェリー代込み
   小さなお子様の場合、シートを使用しなければ無料。   
◎6人以上の場合は、チャーターがお得です。
 5000バーツ/台/片道 3人以下の場合は、4800バーツ/台/片道   
(ガソリン、高速代、フェリー代など全て込み)
 チャーターの場合、途中寄り道が可能、応相談。    

金額が大きいため、事前にバンコク銀行、
もしくはゆうちょに振込みをいだだき、
ご予約の成立となります。
(詳細はメールにて)

所要時間:ドアtoドアで、約6時間(当日の交通事情によります)
途中、トイレ及びご飯休憩20分が1回あります。
また緊急の場合は、運転手にリクエストしたら、
近くのガソリンスタンドに寄ってくれるはずです。

※年末年始、ソンクランなどはフェリーが混み、
フェリー乗り場で30分~1時間待つこともあり得ます。
少しでも早く到着したい荷物が少ない方は、
タマチャート港までミニバスを利用し、
フェリーへは徒歩で乗り込み、
対岸でソンテウを拾うという裏技もあります。
(ミニバスは原則、途中下車ができませんので、
あらかじめタマチャートで下車するということで予約してください)
予約:前日の夕方まで可。
定員制のため、繁忙期は1週間前までのご予約がお勧めです。
メール、電話でお問い合わせ下さい。

帰りのみの場合は、
直接カイベービーチのランナーカフェに
来ていただいてもOKです。
予約時に、-日時
        
     -人数(大人/子供)
     -ピックアップ先(ご自宅の住所または、ホテル名/住所)
     -送迎先(ホテル名)
     -連絡先(メールまたは電話)
     -当日、待ち合せ時に何かあった場合の電話連絡先
     (携帯電話、ご自宅番号, または、ホテルの電話と部屋番号        
     :部屋番号はホテルにチェックイン後でOK)

料金のお支払い:【メールや電話で予約する場合】
乗車時に運転手または担当のスタッフにお願いします。
往復利用の方は、行き/帰り合わせて、
運転手または担当のスタッフに支払い、
帰りのチケットを受け取ってください。

【ランナーカフェに来店して予約する場合】
料金と引き換えに、チケットをお渡しいたします。

バンコクからチャーン島へ:
場所によって若干異なりますが、 6-7時頃、9時頃の便があります。
(7時便の設定はハイシーズン中のみで、'10 5月現在9時台のみ)
             
チャーン島からバンコクへ:お迎えのおおよその時間
             午前便~カイベービーチ 9:15頃/クロンプラオ・ビーチ 9:30頃
ホワイトサンド・ビーチ 9:45頃
午後便~カイベービーチ 13:00頃/クロンプラオ・ビーチ 13:15頃
ホワイトサンド・ビーチ 13:30頃
            

☆以下の事項を承認した方のみ予約を受け付けます☆
※各所でお客さんをピックアップして行くため、
 若干、車の到着の遅延があります。
 特にご自宅に迎えに行く際は、
 運転手から場所の確認の連絡が入り、
 お客様から再度、説明していただくことがあります。

※ピックアップの順番により、
 同乗者と隣り合って座れない事も稀にあります。
 乗客同士で話して解決してください。
 (それが原因によるキャンセル、途中下車はできません)
 ランナーカフェ、及び運転手は座席についてタッチしません。
 その他車内でのトラブル、及び紛失物についても、
 各自で対応していだだけるようお願いいたします。
 ランナーカフェで一切責任を負いません。

※車の写真は、一例です。
 車のサイズ、シートのサイズは同じですが。
 車の色、内装の色等、異なります。


【ランナーカフェ・インフォメーション】
Kai Bea Beach KBリゾート入り口
営業時間:9:00~22:00 不定休
所在地マップ:http://blogs.yahoo.co.jp/magnet309/46440004.html
E-mail: booking@lannacafe.net (英語、タイ語、日本語)
電話:087-056-3450(英語、タイ語)リウ
   081-089-6357(日本語)ウタ
または、以下のメールフォームでお問い合わせください。








関連記事

Appendix

Twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

Author:uta
FC2ブログへようこそ!

Extra

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。