Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母と二人旅 カンボジア シェムリアップ篇

09/01/28

さぼっていた話「母と二人旅」には、
まだ続きがありました。

さて、シェムリアップ。
この町には、5年前に雑誌のスチール撮影を依頼され、
遺跡といくつかのリゾートホテルを回ったことがありました。
当時の記憶では、舗装された道路はなく、赤土ばかり、
また、お店もチラホラあるくらいだったような。
しかし今回、噂には聞いていましたが、
道路は整備され、ホテルやスタイリッシュなレストラン、
雑貨屋も数多くあり、まるで初めて来た町のよう。

そして、5日間滞在して感じた事がありました。
カンボジアという国は、アンコールワット以外の自国の文化(慣習)を
あまり観光客には見せないという事。

例えば、タイに行けば「サワディーカー」「コップンカー」、
ラオスなら「サバイディー」「コップジャイ」と、
外国人観光客に対しても、自国の言葉で挨拶や御礼を言います。
おそらくどこの国でも同じでしょう。
しかしここカンボジアでは、たまたまだったのかもしれませんが、
カンボジア語での挨拶や御礼を一度も耳にしませんでした。
また通貨にしても、ほとんどのレストランが米ドル表示のみ。
タイでもラオスでもドル表示はありますが、
自国の通貨も必ず併記されていました。

アンコールワットはとても素晴らしい遺跡であり、
トゥクトゥクのおじさん達も英語が達者で商売上手だし、
ホテルスタッフも丁寧で楽しい滞在でしたが、
何か親しみ辛く、普通の国とはちょっと違う感じ。。

そこで旅が終った後、カンボジアの近代史に関する本、
「最初に父が殺された」ルオン・ウン著を手にしました。
これには、著者が幼少の頃(70年代)の体験、
ポルポト時代の大虐殺を生き延びた話が綴られています。
それによると商業、文化、宗教、教育までもが悪として迫害され、
これに関わっている人、推定でカンボジア国民の25%程が、
ポルポト派によって虐殺されたと記されています。
この経緯には、カンボジアがアメリカと関わり、
ベトナム戦争に巻き込まれて行く、という出来事もありました。
(現在、ポルポト派は壊滅し、16年程続いている
フンセン政権の元、安定しているようです。)

私が今回の旅行で感じた事と、
この歴史がどれだけ関係あるかはわかりません。
そしてカンボジアと国境を接するトラート県内のチャーン島には、
私の顔見知りも含めて、多くのカンボジア人がいます。
この本を読むまでは、何となく聞いた事のある歴史で、
身近に感じていませんでした。
しかし今回滞在したおかげで、色んな事を考えさせられました。



工事途中で土の部分もある町中



ちょっと町中を外れると、のどかー
関連記事
スポンサーサイト

中国正月前に一言

09/01/25

明日は中国正月。
カイベービーチでも爆竹が鳴っていました。

リウ曰く「明日は遊ぶ以外のことはしちゃいけないよ」っと。
中国の慣習では、旧正月にも働いてしまうと、
その年がずーっと働き詰めの、
苦労する一年になってしまうとのこと。
中国人の血の入っているリウには、誕生日より大事な日。

オーガニック・ハーバルサウナのオープンを来週に控え、
リウが工事の立ち会いでカフェを空ける事が多くなり、
残された私に全ての事を任せます。
お客さんの対応、ドリンク作り、仕入れたコーヒー豆のハンドピックに、
ジンジャーティー作り、店舗と家の清掃、そして一般家事。

かつてバンコクに住んでいた時、
島にいるリウに電話をすると、
「忙しい!ウタのいる会社(スマイルフィルム)より忙しいんだから!」と言われ、
「何とふざけた事を!」と思っていましたが、
実際カフェの仕事をして見ると、
朝から晩まで毎日毎日仕事があります。
スマイルフィルムの仕事も大変だったけど、
ランナーカフェも相当大変だなーと思っているこの頃。

どうせ明日休めるはずがないので、
愚痴をこぼしてみました。

関連記事

どうか、ご慈悲を!


09/01/22

このところ、カフェのトイレに入ると、
ぎょっとする事があります。
(注:ブツが流れていない訳ではありません!)

トカゲやヤモリの切れ端、
つまりシッポがよく床に落ちています。
だれの仕業だか知っている私。

カフェ猫パンケーキは生後7ヶ月、
青少年へと成長し、いっぱしの狩人(狩猫)です。
獲物を捕まえては、見せびらかしに家に入れるので、
その度にパンケーキと口にくわえた獲物を外に追い出します。
するとカフェ裏のトイレに入り、じっくり仕留めます。

しかしある日のこと、
パンケーキが長~いシッポのトカゲをくわえ、
家に入って来ました。
私は驚きのあまり血迷い、
ついお客さんのいるカフェのテラス側に
パンケーキを追い出してしまいました。
次の瞬間、獲物は口から逃げ、
座っていたお客さんの方へ。
猛烈な勢いで追いかけるパンケーキ。
2つの俊敏な動きと私の叫び声。
「何事か!」お客さんは椅子からジャンプ!

獲物はテラスの床下に入り込み、
かくして、私たちはホッとし、
パンケーキはがっくりとした訳です。

写真)作業中のリウに代わって、
   ウェルカムマットの上で店番をするパンケーキ。
   

関連記事

母と二人旅 ラオス ルアンパバン篇

09/01/17

空港からソンテウに乗り、
ルアンパバンの町中に入ってくると感じるのは、
散歩が楽しそうという事。
母も私も今回の旅の訪問地で一番気に入ったところ。
軒を連ねた古い建物が、
それぞれセンスよく飾り付けられ、
レストラン、ゲストハウスなどに利用されている。

宿泊ホテルは町のど真ん中のラマヤナホテル。
http://ramayana-laos.com/lpb/
古い屋敷を改築してホテルにしたそう。




写真左)ホテルの外観
写真右)部屋の扉から室内を覗く

町の散歩を十分に楽しんで、
「翌朝は早起きして托鉢を見よう」と決め、
夜11時頃就寝。。。。zzzz

「ブーン(アクセルを開ける音)」「キー!!(ブレーキ)」
「ペチャペチャ(話し声)」さらには「コケコッコー!」

目が覚めた。(だれでも寝てられないはず!)

外はまだ真っ暗で朝になっている気配はない。
窓から見て分かるのは、ホテル前の細い道路にソンテウやバイクが行き交い、
多くの人が大荷物を抱えている様子。
これから一体何が始るのやら???

母も寒さに震えながら、窓から長い時間観察。
しばらくしてわかったのは、これは朝市で、
このホテルを中心に縦横の道路が会場になっていたということ。
カゴの鶏を売っている人が居るわ、魚屋、八百屋があるわ、
洋服屋、雑貨屋、お菓子屋、何でもあり。

中でも肉屋はかなりグロテスク。
さっき切ってきたような生々しい部位や、
巨大ネズミ(モルモット?)や蛇も並んでいたのだ。。。



それにしても、ルアンパバンの朝は、
凍えるほど寒かった~。
関連記事

母と二人旅 ラオス ヴィエンチャン篇


09/01/16

タイからラオスへは陸路で入国。

ラオス側へ国境を通過すると、
タクシーやトゥクトゥクの客引きが一斉に寄って来た。
近くに公式タクシーの値段の看板があって、
それよりも安い200バーツで、
ヴィエンチャン町中のホテルまで行くことで交渉が成立。
ラオス物価から考えると高い金額と思ったけれど、
この値段で妥当と思えるくらいの距離が有った。

前評判通り、ラオスの首都であるのに、
ヴィエンチャンは小さな小さな町。
1時間もあれば、徒歩で町中を周遊できてしまうというのは、本当。
そして、タイバーツもタイ語も不自由なく使える。
とはいえ、タイの東北地方都市とは雰囲気が違い、
外国人観光客は多く、洒落たカフェやレストランがある。
緯度はタイより北に当たるのに、陽射しが暖かい♪



主な観光地パトゥーサイ、タートルアン、タラートサオなど、
あっという間に見終わり、連日昼寝の時間も取れる程、
まったりとした2日間のヴィエンチャン滞在でした。

ちなみに宿泊ホテルは、Lao Orchid Hotel(45ドル/室 BF付)
http://www.lao-orchid.com/
床は落ち着いた色のフローリング、
陽が差し込む大きな窓のある明るい部屋、そしてテラス付き。
ロケーションも良いミニホテルでした。




関連記事

母と二人旅 タイ ノーンカイ篇


09/01/12

ノーンカイはラオスと国境を接する県であり、
メコン河沿いの小さな町。
河のゆったりした流れを眺めて、
マッタリするというのがここの過ごし方らしい。
それを期待して、ホテルからトゥクトゥクの乗り、
母と河沿いにくり出した。

しかし、いざ着くと河幅はあるのだが、
乾季のせいか流れがなく、
船の往来も全く、閑散とした雰囲気。
キレイに護岸されすぎた河沿いにまったり情緒も無く、
簡易食堂で焼き魚ともち米を食べて帰るか、というムード。

そして町中にいた猫集団に、
カワイイーっと思って近づくと
あと1歩近づいたら襲いかかるぞ!、と眼を飛ばされ、
明日からのラオスに期待、と早々にホテルへ戻りました。


関連記事

母と二人旅 タイ ウドンタ二ー篇


09/01/11

私の旅計画を聞いたタイ人の言葉は決まって、
「ウドンタ二ーに行って、何を観光するの?」

ここには必見と言える観光地のないことはわかっていても、
4年もタイにいて、一度も東北地方に足を踏み入れてないし、
この地方の料理はタイ人皆の大好物で、
その本場を味わいたくて、ラオスに行くついでに、寄る事にしました。

長い年末年始の旅、まずはホテルを押さえるのが先で、
どこを観光するかは、その後。

これまでTVCMの撮影でいくつものタイの地方都市に行きましたが、
そのほとんどは、これと言った特徴がない。
ウドンタ二ーもそれなりの大きさの都市というけれど、
期待できないので、町外れだけど風光明媚、
というレビューがネットに載っていたホテルに決めました。

このホテルにはトランスポートの無料サービスがあり、
空港に着いて、ホテルスタッフと合流。
スタッフといっても、おじさん二人。
しかし、送迎車がなんとフォルクスワーゲンのVIPワゴン!
この車は高級車で、ランク上の芸能人の送迎で使われる車。
リーズナブルなホテルと思っていたけど、一体どんなところ?

部屋は現在のところ、たった5部屋で山小屋風、
でも敷地の広さは公園並み、そんな不思議なところ。


しかも運転手と思っていたおじさんがオーナーで、
助手席にいたおじさんは、
このリゾートの建築担当する言わば現場監督。

予想だにしないアットホームさ。
このおじさんたちが、
夜食の焼き鳥一羽ともち米を買いに走ってくれたり、
観光時の送迎もしてくれて、
東北地方の暖かみを感じた旅のスタートでした。
(とはいえ、このオーナーの出身はBKKで、ここは10数年目)

興味の有る方は、以下へ。
【TaNiTa (Lagoon) Resort】
http://www.tanitaresort.com/lagoon.htm
関連記事

クロンプラオ/プー・タレー・シーフード


クロンプラオのラグーン沿いに、
いくつものリゾートやレストランがあります。
このプー・タレー・シーフードもその1つ。
ここの一番の特徴はお店のインテリア。
白が基調の一軒家に、水色の扉や柱のアクセント。
ラグーンの澄んだ水の緑色と対比して映えます。



メニューはお手頃価格のシーフード&タイ料理。
1品100バーツ前後でした。


カラス貝を蒸したもの



海鮮あんかけ太麺



かにチャーハン

食後にはサービスで、ラグーン内の蛍観賞もしてくれます。
(ご来店時、お店に確認ください)
団体・グループの場合は、送迎サービスがあるそうです。
予約時にお店にご相談ください。
【Phu-Talay Sea Food】
Open: 10:00~22:00 (毎日)
Add:4/2 Moo.4 Klong Prao Beach
(ラマヤナホテル脇の小道を入って、200m)
Tel:039-551-300
081-863-9213
E-mail:phutalay@gmail.com
関連記事

明けまして。。。


09/1/10

遅ればせながら、
明けまして、おめでとうございます。

12月半ばからつい先日まで母と二人旅。
タイ(ウドンタ二、ノーンカイ)~ラオス(ビエンチャン、ルアンパバン)
~カンボジア(シェムリアップ)に行ってきました。
そして、年末年始はここ、チャーン島で迎え、
見送るついでにバンコク観光も加えた長旅でした。

母は驚く程の体力の持ち主で、
町中を一日中歩いても、
屋台のご飯を食べてもへっちゃら。
島ではわざわざ食べに行かない欧米料理、
ラオスやカンボジアでは、
リーズナブルに食べられるということを楽しみにしていた私。
しかし、最初の旅行地ウドンタ二ーで覚えた屋台料理のおいしさに、
「今日も屋台で良いけど」という母の誘い。
微妙な気持ちでした。

そして、どこをどう見て勘違いするのか、
私には全く理解できないのですが、
母をお姉さんだと思う人もいます。

皆さんはどう思いますか?

写真:ビエンチャン 牛ヌードル屋にて、母を撮影。
   この店の前を通りかかったら、
   何組ものお客さんが車で乗り付けていました。
   「こいつは、当たりの店だ!」
   ここにて、ランチをしました。
   もちろん正解、安くておいしかったです。
   手前の野菜はつまみ。
   こんな青々しい野菜、見た事ないっ!

関連記事

Appendix

Twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

uta

Author:uta
FC2ブログへようこそ!

Extra

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。