Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タクシンのお正月

09/05/27

良くも悪くもタイの政治のキーマン、タクシン元首相。
YouTubeで、ちょっとびっくりな映像を見つけました。

今年の元旦、タクシンがバチカンにいて、
教皇ベネディクト16世の取仕切る儀式の
最前列に座っています。

タイの一般及び外交パスポートを現政府に取り上げられましたが、
外国発給のパスポートを6冊持っていて、世界を飛び回れるよう。
モンテネグロ、ニカラグア他、
タイ政府が発給国を把握できないものが4冊。
この人って一体何者でしょうね??

関連記事
スポンサーサイト

タイの役所に電話はNG(配偶者ビザ)

09/05/26

先日、チャーン島の管轄の入国管理局(入管)、
本土側のレーム・ンゴープで配偶者ビザを申請しました。

申請前、必要書類は何かを知るために、
旦那リウは片道2時間のかけて、その入管へ。
日本なら電話1本で済む話なので訳を訊くと、
タイでは訪問は常識で、
特に地方の役人は電話の問い合わせがキライ、なんですって。
(トラート県の元公務員をしていたカフェのお客さんに訊いても、
同意していたので、本当です。)

行って分かった必要書類は、
店の営業証明、2人が写った記念写真、
家の中の写真、居住地の地図、結婚証明書、タイの戸籍(タビアンバーン)、
ぞれぞれの身分証明書(パスポート、国民証)と証明写真のみ。
私達の場合は、男性側がタイ人のため、銀行の残高証明は不要。

申請当日、同じ県内(?)に住む証人1人が必要と急に言われ、
また来るのはやっかいなので、たまたまその日レームゴープに来ていた、
ちょっとだけ知り合いのタイ人にお小遣い500バーツで来てもらいました。
(タイならではのいい加減さ...)

これを提出してから約2週間の間に、
担当官が現地をチェックに来るかもしれない、
ということになっていましたが、
今だに来ず、追加書類の提出の連絡もありません。
月末に私の滞在期限が切れるので、
それまでにビザが発給されなくてはいけないのですが、
電話連絡は例のごとくできないので、
近々また対岸の入管に行ってこなくっちゃ。

関連記事

臨時休業のお知らせ&旅の行き先

来月6/16~7/8までカフェを臨時休業します。

で、、どこへ行くかというと、
関西に寄り道して沖縄本島と、ケラマ諸島内の阿嘉島の旅。
旦那リウにチャーン島よりキレイな海があること
を見せるための企画。

しかし、今世の中で大騒ぎになっている「インフルエンザ」の影響で、
自粛ムードになっている海外旅行を見て、
私達自身も来月に控えた渡航をどうするか、検討していました。
日本政府の発表やマスコミの報道だけでなく、
国立感染センター、今回の政府の対応を冷静に見ている政治家自身によるブログ、
それ以外のこの病気に関して知識の有る各方面の情報を
数多く読みあさってました。

読めば、読む程、確信したのは、
予定を変更する必要がない、ということ。
そして予防のためにマスクをする必要がない事でした。

http://idsc.nih.go.jp/disease/swine_influenza/2009who/09who36.html
↑5/3、国立感染センターのHPに載せた
「市内でのマスク使用」についてWHOの文書

今回の日本政府の対応、それに追随する動きをしているマスコミに、
思う事は多々ありますが、多くの人がそれを書いているので、割愛。
私が暮らしているタイは政情不安で、
マスコミが出さない隠された問題が多々あって半場飽きれ、
日本はもっとマシだろうと思っていましたが、
実はそれに負けないくらいの情報操作、隠蔽、贈賄が
あるようだということが、遅まきながらわかりました。

外国にある田舎の島で、雨季&インフルの影響で暇なのに、
あまりブログを更新しないのは、
そんなことを夜中まで調べているからでした..笑。
やや政治に興味が有るのは、タイの政治の話を話し出したら止められないリウや
かつて大学で政治学を教えていた父や母譲りなんでしょうかねー。


関連記事

雨季なら、チャーン島の滝!


雨季に入ると海の透明度がイマイチになりますが、
チャーン島にある6本の滝は、
水量も多く、グリーンもきれいで全盛期。
滝壺で泳いたり、足を水に浸して本を読んだり。。。
天気がいい時を狙って、レンタルバイクでGO!

クロンプー滝やタンマヨム滝に入るには、
国立公園の入場料(外国人は現在100Bに割引)が必要です。
他の滝は無料です。その分、道中険しいけれど。

◎クロンプー滝(The Klong Plu Waterfall)

宿泊施設の沢山有る島の西側から一番近い滝で、
チャーン島で一番大きく、美しい滝。
落差30mの滝で階層は3段あります。
《上の写真》Photo by P.Juu

行き方:クロンプラオビーチ(幹線道路)から、
島の内部へ続く一本道(滝の表示看板)があり、
2キロ程で滝の駐車場に着き、そこから20分(約500m)の山道を歩き、
一段目の滝(10mの落差)にたどり着き、
滝壺で泳いだり、リラックスしている人がいます。
途中の山道では、珍しい木々や鳥を見る事ができます。
2段目以上は、足場が悪いため、ガイドがいないと行く事が出来ないようです。

◎タン マヨム滝(The Thanmayom Waterfall)

島の東側の中程、タンマヨム・ピアーから
島の内部へコンクリートで舗装された道を約400m入った
場所にある滝で途中果樹園を通ります。

階層4段あるミドルサイズの滝で、
正面に大きな滝壺があります。
1段目から3段目までは行く事ができますが、
一番上の4段目は距離があるので、行かない方が良いそう。
国立公園オフィスがそばなので、キャンプをしても安全とのこと。
ここから朝日が望めるそう。
この滝は、ラマ5世と7世が1876年と1927年に訪れて、
そのイニシャルが堀り残されています。


◎クロン・ノンシー滝(Klong Nonsi Waterfall)

島の東側の中程、タンマヨム・ピアーから島の内部に入った場所にある滝で、
ローカルの町ダン・マイやゴム農園、果樹園を抜けて行く。
小さなサイズの滝で、階段状。乾季~暑季は水がない。

◎クリベット滝(Khiri Phet Waterfall )

サラペットから2Kmのところにある、
ミドルサイズの12段の滝。
山道をハイキングすること1時間。
途中、サラペット湾を見下ろせる場所がある。

◎クロング・ヌン滝 (Khlong Nung Waterfall)

島の東側、サラペット付近から島の内部へ。
ジャングルの1本道をハイキングすること1時間(3.5km)、
滝に着く直前に、巨大な岩があり、
それを乗り越えてやっと滝にたどり着きます。
島内の滝で、結構道のりが大変ですが、
チャーン島で一番落差のある滝で、
正面には胸位の深さ程の滝壺があります。
クリペットと近い距離にあります。

◎ナン・ヨム滝(Nang Yom)

東側の警察署付近から島の内部へトレイル。結構歩くらしい。
スモールサイズの滝。 




滝に行く途中の山道で、
珍しい鳥や昆虫が見られるかも?

チャーン島のマップで滝の位置を確認下さい。


関連記事

晴れの日のパスタ


09/05/17

先週の3連休、手みやげを片手に、
バンコクから島に遊びに来てくれたエミちゃん。
忙しくてもパッと作れる、
レトルトのパスタソースがその手みやげの中身。
さすがエミちゃん!普段から料理を作っているから、
それがわかる気配り。

早速、昨日そのパスタソースのカルボナーラを使って、
お手軽パスタを作りました。
ディチェコのやや太めの麺を使い、
具は、タイではお馴染みの小振りの白菜、そして豚肉、
パスタのゆで汁も少し加えて、スープ風に。

とっても美味しかったです。
エミちゃん、ごちそうさま!

撮影:カフェのテラスにて。
パスタを作った昨日も、そして今日も、
穏やかな天気!

ちなみにエミちゃんは、
タイ生まれ、オーストラリア育ちの、
白いモチモチ、スベスベ肌が美しいお嬢。
(チャーン島での連日のサウナで、
さらに磨きがかかりました)
数年前、タイ語学校AUAで仲良しになったお友達。
関連記事

チャーン島の動画

先日、大阪からチャーン島に遊びに来てくれたkoboriおじさん、
サックスと写真/動画撮影が趣味で、
チャーン島の様子を沢山動画におさめてくれました。

まだチャーン島に来た事無いあなた、
そして島を訪れた時の思い出のあるあなた、
ご覧下さいませ!

このところの天気ですが、
雨の降る日もあり、
一日中よい天気の日もあり、運次第です。
天気が良いと、乾季の時よりもいい空気感です。
グリーンはきれいで、空気はみずみずしく、
人は少ないし。。。。
私とリウは、実は一番好きな季節でもあります。

以下が動画が掲載してあるブログです。
なぜかリンクできないので、コピペしました。

1.Road to Koh Chang 
http://www.youtube.com/watch?v=qqug80VX5uo
曲がりくねった道は分かるにしてもアップダウンのきつさはビデオでは分かりづらい。ただ、チャーン島への道程記録には短かくするよりも、撮った分はノーカットにした方が後に懐かしめるのでは?と敢えてそのままにした。運ちゃんの横に座ったが、フロントガラスには大きなひび割れがあって、風圧で割れるのではと本気で心配したよ。横目でメーター見たら130kmは出していたからね。

2.Koh Chang sunset April 2009. (4月27日18:20頃からwhite sand beachで撮影)
http://www.youtube.com/watch?v=CZd-qlwMXSg&feature=channel_page
到着時はどしゃ降りの雨で迎えてくれたが、この日は朝から快晴。宿主は明日も明後日も雨だろう、せっかく来てくれたのに残念だみたいなと言っていたが、全くのウソだったよ。おかげで撮影チャンスが訪れた。

3.Koh Chang White sand beach - April 2009 (4月27日撮影)
http://www.youtube.com/watch?v=bTv_9jTcHRQ&feature=channel_page
チャーン島はsunshineがよく似合う。

4.Koh Chang nightlife
http://www.youtube.com/watch?v=ku_komG3x-o&feature=channel_page
夕方になるとビーチには設備・器材が運ばれ、レストランとなります。20:30頃から行われるfire showは撮り損ねた。チャーン島にもあったよ、bar beerが。

5.My hideaway in Koh Chang
http://www.youtube.com/watch?v=Qiq2MK8ujGM&feature=channel_page
探し当てた宿。通りには面してないので全く静か。緑の木々が多くていい雰囲気だった。
最終日にはwater troubleで洗顔できず、シャワーも浴びれず、困った。蛇口をひねればすぐ水が出る有難さを痛感したね。でも間もなく給水車が参上したところをみると手際いいぞ。

6.帰って来たぜKai bae
http://www.youtube.com/watch?v=oAsC3Y2WW2I&feature=channel_page
今回のハイライトはここK.B.resort。当に帰って来たという感じがピッタリ。3年前にはここで1泊のつもりが居心地良くて結局3泊もした。3年で草木も成長していて、何処も緑、緑、緑だ。到着時はちょうど干潮時。その時にはビーチ前のマンナイ島へ歩いて渡れるとあったけど本当に?
3:35秒頃からうたさんが居るLanna Cafeが出て来ます。彼女は「もう面割れているから」とおっしゃっていたけど一人モザイクではね、バランスというものがあるから。お店の雰囲気バッチシ、ドリンクもとても美味しい、お薦めです。
BGM曲は[There is always one more chance] by Malta

7.Klong prao 360 degree view
http://www.youtube.com/watch?v=aEYQ46spAEQ&feature=channel_page
だだっ広いビーチだ。その分人影は薄い。

8.bye bye koh chang
http://www.youtube.com/watch?v=i7ZqMdN6gIs&feature=channel_page
チャーン島を去る時がやってきた。

そして、Koboriおじさんの毎日練習している
サックスのことを綴ったブログ。

☆Enjoy アルトサックス・ビギナー日記 アルトサックス
なぜかこのページにリンクできないので、
タイトルで検索してください。

チャーン島の夕暮れのビーチで演奏してくれる日を
楽しみに待っている私です。3年後らしいですよ!
関連記事

夕方のルーティーン

09/05/12

南の島暮らしという響きはとても素敵ですが、
その背景にあるのは、毎日繰り広がられる虫との戦い。
虫、虫、虫。
昆虫図鑑でも見た事のない変わった色彩や形の虫、
肺に吸い込んでいるに違いないミクロサイズの虫、
もしチャーン島にファーブル博士がいたら、
一生ここで生活を送るであろうと思われる程、昆虫王国です。
(島の奥バンバオに住んでいる友達によると、
このカイベービーチはぜんぜんマシだそう)

この際、ヤモリも蜘蛛もありがたい友達で、
害のない虫は目の前にいてもOK、問題は蚊。
夕方4時を回わり、1匹、2匹と飛んで来たら、
もうすぐ戦闘態勢。
しっかり充電しておいた電気ラケットを両手に持ち、
カフェの正面以外の窓を閉め切り、
室内の蚊の退治。(網戸がないので)
その後は庭で日干ししている飼い猫パンケーキのトイレへ。
黒い飛行隊がたむろっています。
猫のうんちから二酸化炭素が出るので、いつも集まっています。
根こそぎ、Beat! Beat! Beat!
こんな感じで毎日約2時間半、
電気ラケットを持ってテニスの素振り。
気が付くと陽はとっぷり暮れています。

もちろん長ズボンにスリッパを履いて、
できるだけ肌の露出を少なく.....。
今日もなんとか蚊に刺されずに終わりました。

前はノースリーブにスカートを履き、
素振りもあまりしなかったので、
ボコボコに刺されてました。



関連記事

新プロダクト


ランナーカフェのもう一つの事業、
ハーバルオーガニックサウナ関連で、
新プロダクトを作りましたので早速ご紹介します。

◎レモングラスバーム

旦那リウの手作り。
レモングラスのエッセンシャルオイルに、
プライという根菜で、
関節の痛みや筋肉コリを和らげる効果のあるもの、
そしてペパーミントオイルなどを加えた香りの良いバーム。

効用は、一般的なタイガーバームと同じで、
これを患部に塗り、
関節/筋肉の痛み、虫さされ後のかゆみ、
肌のカサつき、頭痛などを和らげます。

50g 80バーツで販売中。

◎レモングラススプレー

リウの知人の手作り。
タイで定番の、蚊除けスプレーです。
エッセンシャルオイルとシトロネラ(レモングラス)オイルで、
爽やかな香り&肌しっとり。

120ml 150バーツで販売中。

そして、ランナーカフェのお茶のラインナップも、
パッケージを一新いたしました。
コットン巾着にワンポイントで、
お土産としてかわいさ、グレードアップ!?



お茶は、ジンジャーティー、ローズティー、レモングラス、
フルーツティー、ジャスミンフラワーティー、
ジャスミングリーンティー、菊のつぼみ茶、
ジンセングリーンティー、ジンセンティーなどなどあります。
関連記事

秋でもないのに夜長


09/05/07

新型インフルエンザのせいなのか、
4月末から観光客が減り、今では夜8時になると、
たまに人が通るくらいで、静まり返っているカイベービーチ。
タイでもこのような静けさを、
まるで墓場のようと表現するんですよ。

このビーチで9年カフェを営んでいるリウは、
サーズ、津波、鳥インフルエンザの時も、
ここまではお客さんの数は悪くなかった、とぼやいています。
さらに今はタイの不安定な政情もあるし、
しばらくの辛抱ですね。

でも.....そんな時にやって置く事は、普段出来ない事!
リウは石けん作りで、私はパッケージとステッカーの改訂を
朝から晩までしています。
先週バンコクで石けん作りの講習会を受けたリウ、
その後、毎日工房でせっせと実験を繰り返しています。
凝り性で器用なので、完成形が見えてきたようですよ。
この夏くらいには、お手製の石けんが並んでいるかも?

さて昨晩は、せっせと作業をしていると、
ほぼ毎日来てくれるお客さんで、
リウの友達でもある地元のタイ人男性が
カフェに手みやげを持ってやってきました。
カオニャオ・マムアン(もち米とマンゴーのデザート)ではなく、
カオニャオ・カヌン(もち米とジャックフルーツ)でした。
この取り合わせは初めてでしたが、
トロピカルフルーツらしい濃厚な香りと味覚のカヌンと、
甘いココナツ風味のカオニャオが結構マッチしました。

このカヌンは彼の家の裏庭になったもので、
カオニャオは彼のお母さんが炊いたものだそうです。

関連記事

Appendix

Twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

Author:uta
FC2ブログへようこそ!

Extra

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。