Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カフェ猫の九死一生

09/10/24

連休中日ののどかな昼下がり、
カフェ猫パンケーキにふりかかった出来事とは。

カフェの前の道をいつもよりちょっと遠出で冒険!
近所の野良犬がやって来たのが見えた。
普段ならハリネズミの様に体を膨らませると、
犬は怖がって逃げるはずだったのに、
犬違い!この犬はカフェの前にいつもいる野良ではなかった。

慌てて、近くの木に勢い良く登る。。。
平屋ばかりのカイベービーチ、
どの屋根の高さよりも遥か上の枝へ。
犬は追うのを諦めて去って、ほっとするパンケーキ。

はて、下りる時はどうするのだろう?




大きい声で鳴けば、
きっと優しい飼い主が助けに来てくれるに違いない。




その声を聞いて、リウも私も木の下に行ったけれど、
高過ぎて助けられないので、笑って見ていた。
1人は写真を撮っているし、
自力で下りるしかないと心決めた。

迷いに迷ったタイミングで、
おしりから滑り降りて無事、着地。
舌をペロっと出し、死ぬかと思ったという表情。
こんな表情を見たのは初めて。
抱っこすると体が熱くて、息が荒かった。
関連記事
スポンサーサイト

ブラボー わさび鉄火

09/10/23

先程、カフェに訪ねていただいたOさんから、
日本のお土産をいただきました。
1つはおせんべいだったのですが、それが衝撃的でした。

植垣米菓 わさび鉄火です。


調べてみると、TVや雑誌で時々紹介されているので、
御存知の方もいらっしゃるかと思いますが、私は初めてでした。

まるで口に入れた瞬間から、
わさびたっぷりのお寿司を食べているような感覚。
涙がちょちょ切れるくらい辛いです。
お寿司屋に行くと、
かっぱ巻きを食べないと寿司を食べ終わった気がしない庶民的派の私は、
このおせんべいとキュウリを一緒に食べる計画。
またタイ人は刺身を食べる時、
わさびを入れた醤油を付けるのではなく、醤油をたらした練りわさびを塗るのですが、
リウを始め、タイ人にも大ウケ。
日本に行った時知っていれば、大量に持ち帰ったことでしょう。。

皆さん、お試し下され。
町では見かけないので、ネットで買うのが良いと思います。
こんな素敵なものを教えてくれたOさん、
ありがとうございました!

写真は、コンビニのお菓子日記様から拝借いたしました。
関連記事

江戸東京たてもの園へ

09/10/21

リウはチャーン島にもう10年。
この間、ランナーカフェは近所で引っ越しをしたので、
すでに5軒の店舗を作ってます。
慣れたもので、今ではお店を作る時は業者に任せず、
自分でコンセプトを練り、部屋のレイアウト、
使う素材に至るまで、決めてしまいます。
仲良しに建材屋さんや施工業者もいるので、
アイデアを相談でき、心強いです。
元々シルクの服飾デザイナーをしていたので、
こういうことが好きで、
日々雑誌やネット、TVを見て、研究しています。
このところ、島の知人達にも評価されて、
建築の相談を受ける事も珍しく有りません。

毎回、日本に行く時には、
その時のリウの興味に沿うようなところに連れて行く様にしています。
事前に相談しても、反応が良くないのはわかっているので、
勝手にプログラムを作ってしまいます。

法事以外の今回のイベントは、
小金井公園にある江戸東京たてもの園
島でゴミ問題が浮上しているので、私の地元のゴミ清掃工場 柳泉園の見学、
ドリップコーヒーを美味しく煎れる名店 珈琲 凡の訪問、
リウは今ハーブの王様と呼ばれている「ノニジュース」作りにはまっているので、
ノニカフェ訪問、
そしてタイ人に極寒を体験させる(ばずだった)中央アルプスの標高2600mの千畳敷カール、
でした。これ以外にもショッピングなどあり、盛りだくさん。
本当はもっと沢山の有名なカフェを訪ねたかったのですが、
1週間では一杯一杯。

到着した翌日に行った江戸東京たてもの園、
私は2度目だったのですが、改めて関心しました。
リウもとても感銘を受けていました。

その中の施設、子供達が群がっていたレトロな警察署ですが、
はるばる外国から来たということでお願いした記念写真!


ってな感じで。。
関連記事

タイより身近に感じた日本の不況

09/10/20

先週の東京の一時帰国での出来事を
数回に分けて、ブログで書きたいと思います。

早朝、バンコクのホテルを出発し、
成田到着後は吉祥寺までリムジンバスで移動。
途中、渋滞もあり、吉祥寺到着は20時。
乗り物疲れをしたので、少々、吉祥寺を散策。
まずはサンロード沿いで熱々ラーメンを食べて、
疲れを飛ばし、23時まで開いている西友へ。

西友の入り口を入ってすぐ目の前にあるのは、
ポテトチップスなどのお菓子の棚。
入り口と平行に棚が有るので、圧迫感のあるお菓子の棚です。
「普通、入り口には、お買い得感のある、見栄えのいいものを置くものじゃないの?」
と思いながら、エスカレーターの方に向かって歩くと、その脇には880円ジーンズの山。
「安ー!!この値段、有りなの?」
そして、まわりの商品を見回すと、ひぇ~3000円以下の衣料品ばかり。

それから、数日後。
長野県の千畳敷カールへ紅葉を見に行った時の事。
バスの待ち時間がだいぶあったので、
駒ヶ根駅前にあったスーパーに寄り、衣料品が売っている2Fへも足を伸ばしました。
フロアーの1/3くらいのスペースを使って、
リサイクルと新品のアウトレットを売り場があり、値札を見ると一帯のラックはすべて100円!!
掘り出し物があって思わず買ってしまった...。
だってバンコクの屋台でさえ、Tシャツは99バーツ(約280円)、
100円で買える洋服はプラトゥナム市場を探してもあるかどうか。

実家の近所でもリサイクルショップが増えて、多くのお客さんがいました。
チャーン島、バンコクよりも、身近に不況を感じた東京でした。

関連記事

帰りを待つのは。。

09/10/19

昨夜、日本から戻ってきました。
法事のため、今年3度目の日本一時帰国をしていたのでした。
連日予定を詰めたせいもありますが、
1週間の滞在は「あっ」という間でした。

今回は旦那リウも一緒に行くことになり、
愛猫パンケーキは島内のペットホテルでお留守番。
猫飼いの人なら分かると思いますが、
これを決めるのに、とても時間がかかりました。
家で誰かに見に来てもらったらいいのか、ペットホテル行きか。。
家で留守番なら、近所の中学生に任せるしかないし。。。
毎日ぐらぐら決断は揺れ、最終的に考えたのは、
私たちが旅から戻った時、必ずパンケーキが生きているほう、を選んだ。

昨夜島に戻って、すぐペットホテルに行き、
パンケーキを連れて帰ると、
辺りを走り回って、自由の身になった喜びを表現していました。
そして、よくカフェの前で寝ている野良犬も訪ねて来て、
私たちが戻った事をものすごく喜んで、こっちを見て、
ずーーと笑顔でシッポを振ったり、リウがその野良犬のそばに立つと、
頭をリウの足にコツン、コツンして、遊んでもらいたそう。

カイベービーチの野良犬だけかもしれないけれど、
それなりにルールに従っていて、人間とうまく共存しています。
野良犬と思っていたけれど、実は地域犬?
よくエサをあげるし。。微妙にウチらの飼い犬なのかも。

関連記事

朝、島を出て、昼頃バンコクに着ける方法

チャーン島を朝出発して、
昼頃までにバンコクに着く方法は2つあります。

1.バンコク・エアウェイズの朝便を利用する

チャーン島から空港に行くミニバスを
事前予約して、空港へ。フライト所要時間40分
10時半発の飛行機では、カイベービーチの場合で、
7時過ぎにピックアップが来ます。

2.タマチャート港から8時半過ぎ(9時?)発の
バンコクのアヌサワリー(戦勝記念塔)行きのミニバスを利用する

朝7時くらいにホテルをチェックアウトし、
ソンテウ、または車をチャーターして、
島側のフェリー乗り場サパロット港へ行く。
フェリーに乗って、タマチャート港へ行き、
海を背にして右手の売店脇にある、アヌサワリー行きのミニバスに乗る。
そばに行くと、看板が出ているのでわかるはず。
10/4に旦那リウが利用した時には、
9時前に出発し、途中休憩なしで、
12時半にはアヌサワリーに着きました。
(サパロットまでは車を手配し、7時にカフェを出て、
8時のフェリーに乗りました)

港まで行くソンテウは、1時間に1本で、
カイベービーチ辺りは毎時00分頃、通過します。
但し、それも絶対ではないので、確実に移動したい場合は、
ホテルやその周辺の代理店でチャーターしてください。
ランナーカフェで、
島側のサパロット港までの車を手配する場合は、
乗用車(定員4人)700バーツ/台、
ワゴン車(定員9人)1000バーツ/台になります。

サパロット港の最初のフェリー出発時間は7時頃で、
ローシーズン(6月頃~10月頃)は1時間毎、
ハイシーズン(11月頃~5月頃)は30分毎の出発ですが、
乗船率により、随時、状況が変わります。
定時に出発する事はまれで、毎回の状況を見ながら、
適当に出発している感じがします。

アヌサワリー行きのミニバスの注意点としては、
◎人数が極端に集まらなかった場合、
 定時を過ぎても客待ちをし、出発が遅れることがあると思います。
◎事前予約はできないので、直接現地に出向いてください。
◎ミニバスの車体は新しい大きいサイズですが、
 シート配列は縦4列で、シーホースツアー(900バーツ)より足元が狭いです。
関連記事

Appendix

Twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

uta

Author:uta
FC2ブログへようこそ!

Extra

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。