Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャーン島イチのお店を作れ! その4

この3-4日すごい大雨。
北側の峠の地盤が緩み、大木が倒れたため、
島の西半分がほぼ1日停電。
インターネット復旧はさらに遅れ、
今日やっとできました。

とにかく今年はタイの各地で雨量が多く、
トップニュースは洪水。
現在の水位は去年より1ヶ月早いもので、
これ以上雨が降ると更なる被害が拡大しそうです。

そんな中でも止められないのは、店舗の大改装。
なんとか、ここまで来ました。

IMG_2167.jpg

IMG_2168.jpg

IMG_2169.jpg

お願いした職人チームも一生懸命やっているのだけれど、
技術不足&知識不足で、
あちこちの仕上がりが許容出来ないくらいになってるの。

特にペンキ塗り。
やっぱりこだわるのは、エッジ。
それがしっかりでてないと、壁という感じがしないし、
すごく気持ち悪い。
職人達はタイ人ではなく、日雇い風のカンボジア人で、
思い入れが全くなく、ただ色を塗ればよいと思っていて、
塗る表面をヤスリで平面にしないから、壁ががたがただ、
エッジはないし、蝶番のステンレスにも色を塗るし、
刷毛の毛が抜け落ちても気にしないし。。
刷毛の毛が抜け過ぎて、
壁に魚の骨がくっ付いているような箇所もある。

だから、もう自分達でやろうということになって、
ペンキを塗ったり、タイルを磨いたり、重労働。
しかも1ヶ月以上工事がつづいているので、
我々は疲れ切っていて、体のあちこちは痛く、
朝は「もう朝なの」って感じで、起きるのが辛い。

そして、特にエディーは年のせい?なのか、
根性が足りないせいなのか、
(言っていいのかな。。)
昨夜は帰り道、
「もうどうでもいい。早く工事を終わらせる」
とエディーが言ったものだから、
売り言葉に買い言葉、
「どうでもいいなら、最初から
改装工事をしなければよかったでしょ」
となり、あとは想像通り。。。
特に彼の場合は10コ年上のプライドがあるから、
リウを怒らせるよりももっと大変なんだけれど、
私もちょっとね、思う事があって。。。

でもクロンソンの家に戻って、
しばらくはお互い口も聞かなかったけれど、
木の一杯ある庭を眺めたりしてたら、
きっと本心ではないんだろうと思って、
何となく、話すようになって。。

唯一の救いは、
一昨日から来てもらっている、サブで用意していた職人。
彼はベテランで、腕が良く、
何人分もの働きをしてくれるので、すご~く助かってます。
今考えれば、
最初からこのベテランの職人を呼べばよかったのですが、
今まで、エディーの持っている
ゲストハウスや洋服屋のことでよくしてくれた
若い職人に情をかけ、最初に呼んでしまったところが問題で、
でも若い彼も彼なりに頑張ってくれて、エディーは怒るに怒れない。
今回の工事が若い職人の能力を超えてしまった、
ということでしょう。

あ、、疲れているから、半分文句調に書いちゃった。。
それだけお店に思い入れがあるということで。。

そう、ホントに今回思い入れが強くって、
まずお店をきれいに仕上げたいのですぅ。。
関連記事
スポンサーサイト

チャーン島イチのお店を作れ! その3

お店の改装工事で、
職人達に宣言をしておいた期限は明日。

工事を始めたのが、先月26日頃。
毎日午前中から現場に行けど、
時には職人達が誰一人居ない日もあり、
(それも1-2回ではない。)
ある日は、前日お祝いパーティーがあったから、
職人達は午後出勤だったり、
またある日は、
食後のお昼寝タイムが異常に長かったり。。

不安になって、エディーが
『期限は9/20だけど、大丈夫?』
というと職人頭は、
返って来る答えは『大丈夫。結構簡単。』

最終的につじつまが合えば良いのですが、
現場を見ると、絶対終わらないだろうという状況。
しびれを切らして、一昨日、
外面、怒らない優しい人で通しているエディーが、
『このペースじゃ、終わらないでしょ』
と喝を入れました。
それでも職人頭は『大丈夫』という答えだったので、
それを言える勇気に感心すると同時に、
期限最終日の言い訳が浮かびます。

そして今日は19日で、
20日の期限まであと24時間。
明日がどんな一日になることか。。
カイベービーチに雷が落ちるのか???
大人だから人前で怒らないと思うけれど、
エディーを怒らせるとけっこう怖い、というか、
子供みたいにむちゃくちゃ怒るの。

そして、サブで、20日以降、
やってもらう職人をすで押さえてあります。。
この辺の段取りの良さが、
私がエディーを好きなところで、
アメリカで長く生活していたから、
私と感覚が合うところ。
あと今夜これから、自分達で壁の色を塗りま~す。
色を塗りながら、混ぜる、
ちょっとスペシャルな壁だから。。

お楽しみに。。
関連記事

私事。。その3

離婚&新しい出会いについて書いた『私事。。』、
まだ完全にすっきりした状態ではないのですが、
だいぶマシな状況になってます。

春~夏にかけて、
私がほとんどチャーン島に居なかったのは、
チャーン島という狭い島社会のせい。

交際の始まった初期、
島に居る日本人のお友達にこの状況を話すと、
同情をし、励ましてくれたりという感じ。
それが世界共通の、
極めて普通な対応と思っていたのですが、
タイ人社会の対応は全く違うのです。

離婚と新しい交際の時期が近かったために、
彼ら達の人生ではないのに、
私に直接は言わないものの、
リウに対して大きな同情をし、
エディーに対しては、
正しい事をしているのか問いただしたり、
私をいけ好かない奴ということで無視。

またその人がエディーの仲良い女友達で
あったりとか。
以前それなりに私と仲がよく、
リウとの関係を何度も相談した事のあったので、
最初はショックもありました。
彼女は大事な友達が取られたような
気がするのかもしれないけれど、
私がどんな選択をしようと、
すでに家庭(旦那に子供に商売も)を持っている
彼女の人生に関係ない訳だし。。
そうとはいえ、彼女を含むグループが、
エディーの仲良しグループで、
彼が遊びに行く時も、
他のタイ人カップルは同席しても、
私は必然と蚊帳の外。
他の人達は大人なので、
彼女程思っては居ないと思うけれど。。

でも彼は友達たちと居るのが好きだから、
私が行って、皆が気まずい思いをさせたくないし、
タイ人(特に島のタイ人)と私とは
明らかに感覚の違いがあるから、
まぁいいや、という気持ちもある。
東京、バンコクで生活していたから、
やっぱり小さな島社会っていうのに、
馴染めないところがあるのは、致し方ない。
逆に、読書や家事をする時間ができた、
と思えば、それも楽しみ。。

と思う部分があっても、
どこかに寂しさは残り、
本当はエディーと共通の社会が持てたら、
と思うこの頃。
関連記事

おヒゲのお嬢様

シリアスな話が続いたので、
ちょっと息抜き。。

昨日、島内の人気レストランのトンサイの
オーナー、ヌイさんから、
ミャンマー土産で、素敵な布画をもらったので、
早速、島内の額縁屋さんに行って、
その画に合うフレームをオーダーしました。

実は今朝はエディーと小さな喧嘩をした後で、
イマイチ気が乗らない気分。
でもこの店に寄ったおかげで気分はすっきり。
だって、かわいい猫が2匹もいたのだもの。
特にこの子。。

DSCN7136.jpg

かわいい~でしょ?
まさに口ひげなの。。。

で、オーナーに男の子なんでしょ?って訊くと、
女の子。。。プププッ。
なかなか凛々しいおヒゲのお嬢様。

DSCN7133.jpg

猫好きの人に悪い人は居ない、という持論で、
このオーナーも人が良さそうでしょ。

額縁もあっと言う間、
午前中にオーダーして、17時にはできるそう。
ちなみにお値段は、450バーツ。
値段は大きさに因ります。

ちなみにお店は、
場所:メイン道路沿い。
クロンプー滝に分かれる三叉路の海側。

この猫を見に行くだけでも、
行きたいお店だにゃ。。









関連記事

私事。。その2

(私事だけれど)
大きな出来事を書いた後だったので、
やや日にちを空けた方がいい気もしましたが、
連日2時間あるタイのTVドラマのように、
一気に書いてしまいます。
でないと、今ネット環境が悪くて、
いつ続きをかけるかわからないから。。

で、リウと離婚した話の続き。

その前後から色~~んな事があって、
落ち着かない日々を過ごしていました。
日本に戻った方がいいかな、
と頭をよぎったこともありました。
その時、フォローしてくれたのが、
今交際をしている人、同じくタイ人。
ブログを読んでいた人はお気づきの通り、
今、改装を手伝っている
ショップオーナーのエディーです。

彼はチャーン島生まれですが、
30歳~18年間サンフランシスコに居て、
3年前、私がチャーン島に住み始めた時と
同じ時期にこちらに戻って来ています。

チャーン島で一番大きなファミリーの一員で、
私がよく利用していたKBリゾートのオーナー達とも
親戚関係にあります。
彼は現在、93歳になるお母さんと、
フェリー乗り場に近いクロンソンに住んでいて、
また兄弟達もみんなその付近に居ます。
私もこのところ、その彼の実家に住んでいます。

何回か写真を載せているけれど、こんな人。
タイ人というよりは、雰囲気がメキシコ人のような、
アメリカ人のような。。
2人でいると、大抵2人とも外国人に間違えられます。

DSCN6327.jpg

とっても料理上手で、とってもお母さん想い。
タイに戻って来た理由も、
高齢になったお母さんと過ごすことが一番の理由。
だから、毎日ご飯や果物を用意したり、
部屋の掃除に、髪の毛や爪を切ってあげたり、
時間があれば、お母さんの話し相手になってあげるなど、
ホントに孝行息子。
IMG_2087.jpg

DSCF3597.jpg

でも彼だけでなく、兄弟みんなが
毎日のようにお母さんに会いに行って、
食材を買って行ったり、
話し相手になってあげてます。
この家族には、口論なんて全くありません。
とても素敵な家族です。
タイの家族が欲しかった私には、
とても理想な環境。

家族の一員になるということは、
自分がしてもらうだけでなく、
まず、何かしてあげること。
ラヨーン県の方言混じりの
お母さんの言葉は半分くらい分からないけれど、
私も喜んでお母さんのお世話をしてます。
またエディー独りでは掃除もあまりできなかったので、
私も手伝い、家全体がだいぶきれいになりました。

エディーは同じくカイベービーチで、
洋服屋さん&カフェをしていて、
今後私はそちらも手伝って行くことになります。
場所は、カイベービーチの真ん中、
ガシャブリリゾートの向かい。

リノベーションしているショップのオープンは、
10月頭を予定しています。

おおよそこんな感じですが、
ここに至るまでには、かなり色々ありました。
次回はそのことをちょっと書こうと思います。




関連記事

私事。。 その1

前からブログを読んでいる人は、
薄々変化に気づいていたかと思います。
最近、あんまりランナーカフェの話題がないこと。
そしてリウの話がほとんどないこと。

私事なので、機会がある時に、
それぞれ個人的に報告をしようと思っていましたが、
それではランナーカフェの応援を目的で6年前に始めた
このブログを書き進めることが難しく、
今の実生活がつじつまが合わないので、
思い切ってここに書いてしまいます。

実は、私とリウ、6月中旬に離婚しました。
理由は、夫婦というよりはビジネスパートナーだったから。
カフェに来られた人は、不思議に思うかもしれません。
私とリウは仲はそれなりに良かったのですが、
前々から抱えていた問題がありました。
リウは常にマイペースで、
マイペンライと思っていたのですが。。。
私は外国人でタイに居るので、
タイの家族がいたらいいな、と思っていました。
ですが、リウは親兄弟、親戚との付き合いが全くなく、
結婚して6年も経つのに、
リウのお母さんに私を紹介する機会のないまま、
半年程前に他界してしまったくらい。

そしてリウは仕事の中に楽しみを見つけるタイプ。
私も一時それでもいいと思っていた時期もあったのですが、
でもやっぱりそれだけでは寂しい。。という部分もあって。

とはいえ、今後とも、
ランナーカフェには一部関わって行く予定です。

私は一時、ミャンマー、スペイン&ドバイ、
そしてチェンマイに旅に出てしまい、
ほとんど島に居ない状態でしたが、
離婚後3か月経ち、
お互いの新しい生活を始め、
その状況にも慣れて来たところです。

この続きの話はまた後日。
関連記事

チャーン島イチのお店を作れ! その2

前回の更新から10日経ち、
だいぶ工事が進んだかと思いきや、
ここはタイなのを忘れていました。
私も、この店のオーナーのエディーも、
少し苛立っているところ。

でもでも、この間、バンコクに行き、
スマイルフィルムに居た時からの仕事仲間のデザイナーと
ショップデザインの打ち合わせをしてきました。
事前に内装プランや作りたいショップイメージなどを
資料にして送っておき、考えておいてもらいました。

さすがインテリアデザイナー、
やっぱり素人とは違います。
色々な素材、イメージを複合的に組み合わせ、
より立体的なショップデザインにしてくれました。

進行中の映画と広告の撮影の最中、
4枚もの手書きスケッチを描いてくれ、
ほんと感謝です。

実際のスペースを考えたり、
予算を摺り合わせてみて、
全部同じようにはできませんが、
70%はこんな感じで仕上がるのでは。。

一番の苦労は、オーナーのエディーを説得。
予算ありきで、デザインは譲歩するタイプ。
私はその逆。
作るからには予算をオーバーしても、
いいものを作りたい。
私の頑固さに呆れて、もう決めていいよ、
と半分機嫌悪く言われつつ、
少し譲歩もしたりして、結構気を使ってます。。

DSCN7125.jpg
↑ショップの改装に使うタイルや備品を
バンコク&ラヨーンでの買い走り、
疲れて、黄昏れるエディー。

本当はあと10日で仕上げたいのに、
工事人次第だなぁ。。
それはともかく、
デザイナーが描いてくれたスケッチ、
素敵なので、公開します。

◎アウトドア・スケッチ
Outdoo Sketch

◎ショップフロント・スケッチ
Wall A Sketch

◎ディスプレイ・スケッチ
Wall B Sketch

◎ディスプレイ&フロントドア・スケッチ
Wall C Sketch




関連記事

Appendix

Twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

uta

Author:uta
FC2ブログへようこそ!

Extra

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。