Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住んでいるおウチ

エディーと一緒に住み始めて、早8-9ヶ月。
フェリー乗り場に程近い、
住んでいるおウチをご紹介しましょう。

幹線道路を一本入ったところで、
この通りは、エディーの苗字を取って、
カムヘンウォン通りと言ってもいいくらい。
ほぼ兄弟、甥姪たちのおウチがあります。
隣は一番上のお姉さん家族一同、
正面は、2番目のお姉さんの息子夫婦、
はす向かいは2番目のお姉さん、といった感じ。

私の家は平屋で、4ベットルーム。
無駄に広いキッチン、
そして家を囲むようにある庭、
玄関前のテラスと池。

IMG_0132.jpg
写真手前にあるのは池。
今、ここにはオタマジャクシが自生。
(最初いつの間に卵を産み落とされた)
カエル好きのエディーは毎日観察。
たまに飼っている猫にカエルが惨殺されるので、
その度に怒っています。

photo baan-3
エディーは庭作りが趣味。ヒト仕事した後の満足一杯。

IMG_0207.jpg
家を囲むようにある庭には、
数多くの果物の木が植えられています。
ちょっと前はチョンプーの季節で、
毎日かご一杯、収穫。
食べきれないので、
ショップでお客さんにプレゼント。
来月は、ノイナーやマンゴスチンが食べ頃。

家の裏山もエディーの持ち物で、
甥っ子がゴムの木を栽培しています。
たまに蘭来てくれるのはいいのですが、
先日、丸太にデコレートされた蘭の寄せ植え持ってきて、
彼の友人が見つけた珍しい野生の蘭だから、
3000バーツで買わないかと。
どう見ても誰かの庭にあったようなもの??
結局1300バーツで買いたたき、
テラスの一番目立つところに飾りました。
盗品だとしたら、
これを見た本当の持ち主が訪ねて来れるように。。笑

photo baan-4
この家は20年くらい前に建てた家なので、
やや中は古いのだけれど、
これから手を加えて、きれいにしようと話しています。
例えば壁を壊して、一面の窓ガラスにしよう、など。。

毎日、このテラスでご飯を食べたり、
ティータイムしたり。
IMG_0220.jpg
エディーは大人なので、
一見、気難しいヒトにも見えますが、
実はこんなヒト!
結構フランクな、面白い人。
関連記事
スポンサーサイト

タンブン

笑っちゃう程、久しぶりの更新。
というのは、やっと時間ができたから。

今までは、ショップを開けるだけに、
全エネルギーを使っていたのだけれど、すでに4月。
お客さんの数が減り、
別のことをする余裕が出てきました。

さて、3/15はエディーのお母さんが亡くなって100日目。
散骨をするタンブンをクロンソン寺で
兄弟、親戚、近所の人たち、
おおよそ100人くらいで行いました。

朝6時過ぎにはお寺に行き、
9人のお坊さん達の朝食と
タンブンに来る大勢の来客たちのご飯を
お寺で雇っている賄いの女性達と親戚の女性陣で準備。

7時過ぎにお坊さん達が入ってきて、
短めにお経を読み、朝食。

その後、11時から始まる散骨式で食べるランチ作り。
5~6種類のおかずと3種類のお菓子を作り。
私はお菓子担当。
米を煎って、甘ーくしたペーストを団子にし、
ごまを絡める。
一口味見しただけで、もう結構な甘さ。
葬儀の時に作った
あんこ入りのごま団子の方がずっとおいしかった。

タンブンも終盤。
親戚、兄弟たちが集まり、
各自線香を持ち、お母さんの遺骨に最後の挨拶。
photo Tanbun-1

その骨に花びらをまき、香水をかけ、
お母さんにごく近しい人たちだけで、
お寺の脇から小舟に乗り、
骨を海に流しに行きました。

切ない行事とはいえ、
お葬式の時とは変わって、明るい雰囲気。
お母さんは94歳というタイ人としては相当の長生き、
大往生。
みんなの気持ちもすでに
お母さんをきちんと送ったという安心感。

私も隣に住む親戚の子供達と遊びつつ。
photo Tanbun-4

photo.jpg

タンブンが終わり、当時はお客さんが多かったので、
ショップを開けるためにエディーとお店へ。
お母さんの力添えがあってか、
大勢のお客さんが来てくれ、
コラートから招いたエディーの友人達10人は、
マングローブに浮かぶエディーのお兄さん宅で、
カラオケ三昧。
えらく酔っぱらってしまったよう。
関連記事

Appendix

Twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

Author:uta
FC2ブログへようこそ!

Extra

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。