Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lannacafe.blog65.fc2.com/tb.php/110-178f527e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

母と二人旅 タイ ウドンタ二ー篇


09/01/11

私の旅計画を聞いたタイ人の言葉は決まって、
「ウドンタ二ーに行って、何を観光するの?」

ここには必見と言える観光地のないことはわかっていても、
4年もタイにいて、一度も東北地方に足を踏み入れてないし、
この地方の料理はタイ人皆の大好物で、
その本場を味わいたくて、ラオスに行くついでに、寄る事にしました。

長い年末年始の旅、まずはホテルを押さえるのが先で、
どこを観光するかは、その後。

これまでTVCMの撮影でいくつものタイの地方都市に行きましたが、
そのほとんどは、これと言った特徴がない。
ウドンタ二ーもそれなりの大きさの都市というけれど、
期待できないので、町外れだけど風光明媚、
というレビューがネットに載っていたホテルに決めました。

このホテルにはトランスポートの無料サービスがあり、
空港に着いて、ホテルスタッフと合流。
スタッフといっても、おじさん二人。
しかし、送迎車がなんとフォルクスワーゲンのVIPワゴン!
この車は高級車で、ランク上の芸能人の送迎で使われる車。
リーズナブルなホテルと思っていたけど、一体どんなところ?

部屋は現在のところ、たった5部屋で山小屋風、
でも敷地の広さは公園並み、そんな不思議なところ。


しかも運転手と思っていたおじさんがオーナーで、
助手席にいたおじさんは、
このリゾートの建築担当する言わば現場監督。

予想だにしないアットホームさ。
このおじさんたちが、
夜食の焼き鳥一羽ともち米を買いに走ってくれたり、
観光時の送迎もしてくれて、
東北地方の暖かみを感じた旅のスタートでした。
(とはいえ、このオーナーの出身はBKKで、ここは10数年目)

興味の有る方は、以下へ。
【TaNiTa (Lagoon) Resort】
http://www.tanitaresort.com/lagoon.htm
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lannacafe.blog65.fc2.com/tb.php/110-178f527e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

Twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

uta

Author:uta
FC2ブログへようこそ!

Extra

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。