Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lannacafe.blog65.fc2.com/tb.php/136-ba7d640b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

タイのお寺で、メディテーション その1

チャーン島に戻りました。
といっても、数日経ってしまいました。

さて、12日にバンコク入りをし、
翌日から1週間、バンコクから北に車で1時間半、
シンブリ県にあるワット・アンパワンというお寺に、
メディテーションに行って来ました。

お寺での内容は想像していたより、ハード。
なんせ目標は「少なく食べ、少なく寝る」で、
休憩はあるものの、朝の3時半過ぎから夜9時半まで読経&瞑想。
読経は朝夕各1時間、
そして瞑想は歩きと座りを半々づつで、
12時間行ないます。ヒエ~。

夜10時頃にやっと寝床に入れるのに、
なぜか夜中1時を過ぎると起き出して、
シャワーを浴び出す輩もいます。

寝る兼プライベートスペースは1人畳1畳分で、
オイルサーディンのカンズメさながらのすごいタコ部屋。
なんせ最大人数の日には、大きくないお寺の施設に、
1600人もの私のような短期間の修行者がいたのですから。
(外国人は、たぶん私1人だったと思います。)
でも私が一番ネックだったのは、シャワールーム。
もちろん水シャワーで、バックパッカーも真っ青な清潔レベル。
シャワールームの前に置いてあるバスマットには、
お寺にいる汚い野良犬が鎮座し、世界一汚いマットと化しています。

とはいえ、このお寺が人気のある理由は、
境内に数々の神様がいて、ものすごく高名の僧がいます。
彼はすでに80歳。
今世でカルマが終わり、極楽浄土に行ってしまうので、
会う事が出来たら、とてもラッキー。
そしてここでメディテーションをすると、
奇跡を叶えることができると言われています。

ここに私を連れて来てくれたのは、
バンコクに移住して以来、住んでいたアパートの管理人さん(タイ人)。
タイの右も左もわからない頃からとても親切にしてくれた恩人です。
いつのまにか、彼女と仲良くなり、
家賃を払う以外に人生について話を何度となくしました。
彼女の持つ広い考え方に影響され、無宗教の私ですが、
本当に良いもの(考え方など)は、宗教の枠にとらわれず、
広義的な意味で万人に有益であると思うので、
タイの仏教やメディテーションに興味を持ったわけです。

さて、お寺に着いて1日目/2日目は、
オークパンサーの式典への参加で、
高僧の読経を聞いた他、ほとんど瞑想はありませんでした。
3日目から本来のスケジュールになり、例の1日12時間瞑想。
考えるだけでも、良くも悪くもぞっとする時間を過ごしました。

(明日に続く)

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lannacafe.blog65.fc2.com/tb.php/136-ba7d640b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

Twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

uta

Author:uta
FC2ブログへようこそ!

Extra

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。