Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lannacafe.blog65.fc2.com/tb.php/18-32e5c9e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレン族の村に到着

カレン族の村、ドイ・ソンポイは、
チェンマイ空港から約80キロ離れた山奥。

空港から国道をひた走り、
出くわした横道をひょいっと右に曲がると、
あっという間に農村風景になりました。
刈ったばかりの稲田に、ところどころに牛が放されていて、
刈り残った茎を食べています。喉かな良い風景。

我々の車は、さらに奥へ奥へ進みます。
だんだんと道は曲がりくねり、山道になってきました。
目指す村へ行くには、国立公園の警備されているゲートを抜けます。
警備員に軽く挨拶をして、車はどんどん、どんどん登って行きます。
舗装されていた道はいつのまにかダートに変わり、
道のあちこちに岩が出ていたり、土が削れていて、
車が右に左に大きく傾きます。

出口のない迷路に迷い込んだ感覚になった頃、
急に視界が開けて、ポインセチアやヤナギバヒマワリの咲く、
美しく、どこか懐かしい里の風景が広がりました。
この先の小道を入ると、
コーヒー豆の加工をする作業所がありました。

到着した頃はすでにやや日が傾いて、
ここを管理するカレン族の夫婦が、
その日収穫したコーヒーの実の外皮を剥く作業をしていました。
生まれて初めて、この目で見るコーヒーの実。
とても鮮やかで、かわいらしい。



この村には電気が通ってないので、
家の敷地内に設置した水力発電を使い、
外皮を剥く機械に実を入れます。
右の出口は剥けた豆、左はもう一度、機械に通す豆が出てきます。



その剥いた豆を1週間~10日間、天日干しをして乾燥させると、
外皮が割れ、中から焙煎すればコーヒーになる、
グリーンビーンスが現れてきます。



こんなに心地良い環境の中で作ったコーヒーが
美味しくないはずはありませんね!

この作業所では収穫の時期、
世界各国のコーヒー事業関係者が訪れます。
スターバックス、イーオングループ、そして大学から派遣された学生達なども
泊まりがけで訪れるそうです。
つい先日もスタバの欧米人スタッフ24人が視察に来たそうです。

心は羨ましい程に豊かなカレン族の夫婦ですが、
家は掘建て小屋、家財道具はなく物質的には貧しいので、
(TVも冷蔵庫もありませんが、たぶん彼らは欲しいと思わないのでしょう。)
スタバは彼らにフレンチプレスのコーヒードリッパーやカップを寄付しました。
だから、毎日コーヒーを飲む時、使っています。
このカップが、カレン族の色彩鮮やかな民族服、美しい花の咲く里に
とてもマッチしてました。


関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lannacafe.blog65.fc2.com/tb.php/18-32e5c9e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

Twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

uta

Author:uta
FC2ブログへようこそ!

Extra

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。