Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lannacafe.blog65.fc2.com/tb.php/233-8c18a17f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

襲う犬

07/07/01

私は戌年生まれなので、
犬とは仲良く出来るという自信がある。
だから犬に敵意を持たれる事はない、と思っていた。
あの会社の前をうろつく野良犬に会うまでは。。

(タイには至る所に野良犬がいる。
でも大抵は道ばたに寝ていて、危害を加える事はない。)

会社から帰る時、いつもは誰かの車に同乗する。
でも先日は1人だったので、バイクタクシーのいる場所まで、
およそ200Mを歩いていた。
先方に、野良犬3匹がじゃれているのが見えた。
この犬達は、近所の人たちがえさをあげるので、住み着いている。
いつも傍若無人な態度で、車が通ろうとしても平気で居座っている性悪犬。

いつかの早朝も徹夜明けで会社から帰ろうとすると、
ボス犬が他の2匹に合図し、私の進行方向に立ちふさがった。
本気で威嚇している。
だけれども、威嚇される憶えはないので、無視して歩き続けると、
向こうも距離を縮めて、さらに強い威嚇。
あまりの声に、「本気?」と私はびびって後ずさった。
後ろから飛びかかられそうだから、素早く後ろ歩きで。

この場でもその思い出が脳裏に浮かびながらも、
威嚇される憶えはないので、歩き続けた。
「ウゥ~。」あ!やっぱり来た。
また怖くなって、後ろ歩きで、
会社の門の前までの100mの距離を走って戻った。

向かいの家のお手伝いさんが門の前で遊んでいるので、助けを求めた。
しかし、彼女は「そんなの無視して行っちゃいなよ!」
と威勢良く言うので、私は、もう一度、奮い立って通って見る事に決めた。

あ~。。
神様に祈りが通じたのか、
犬たちがたむろしている家の前から男性のお手伝いが出て来て、
犬のえさを持って、目の前の林に消えた。
犬達ももちろんそれを追っかけて行く。

助かった~。

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lannacafe.blog65.fc2.com/tb.php/233-8c18a17f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

Twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

uta

Author:uta
FC2ブログへようこそ!

Extra

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。