Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lannacafe.blog65.fc2.com/tb.php/409-1778b434
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

理想と現実

06/04/06

チャーン島にある旦那のカフェの今日1日売り上げは
コーヒー1杯の40バーツ(120円)。
道ばたに座っている物乞いよりもひどい。
といって、仕事を、人生を真面目にやっていない訳では断じてない。
朝8時から夜8時まで毎日カフェを開け、
ポリシーを持って、人には誠実に商売をしているのは、わかっている。
コーヒーは丁寧に入れてるからスタバックスに負ける訳は無いし、
カフェもとても居心地がいいし、センスもいいところがいっぱいある。
本人もこの状態は強いストレスを感じているが、
島への旅行者自体が少ないので、手のうちようがない。
(開発が進むチャーンでのリュウは先見の目であるとも、事業を見る目がないともいえる)
といって、酒を売るつもりはないし、
お客さんからも必要以上のチップはもらわない。
それ相当の労働をしていないのに、施しを受けることを良しとしないからだ。
結婚しても私と別家計なのだが、
バンコクでサラリーマンの私に助けを求めないし、私も今助けるつもりはない。
理由は、リュウは無いなりにも食うには困っていないし、コーヒーを仕入れるお金もある。
それから毎日40バーツの売り上げではないし、自分で好きでその道を選んでいるから。

私には理想と現実が離れていたら、
この考えは受け入れられないから修正しなくてはいけないと考える。
でもリュウの場合には、アイデンティティと行動が隣同士にあり、
真理として曲げることはできない。
一般的には、人を助ける前に自分を助けろと思う。
私も同感である。正直でなくても、ずる賢くすればいいと思う。
バイクの多いチャーン島、酔っぱらって帰り道、事故を起こしたって、自己責任。
酒だって売ってしまえばいいと思う。

人を助けることを仕事にしたい、その理想と現実は今はあまりにも距離がある。。。

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lannacafe.blog65.fc2.com/tb.php/409-1778b434
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

Twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

uta

Author:uta
FC2ブログへようこそ!

Extra

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。