Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lannacafe.blog65.fc2.com/tb.php/44-c3f86df3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

楽園へのあゆみ


09/09/13

かつての日本は、1億総中流階級と言われ、
年功序列の終身雇用というシステムでした。
当時、学生だった私は、夢のない、面白くないシステムだなー、
と思っていた記憶があります。
しかし実際に市場原理主義が現実化すると、
それは悪夢であり、
生活の必要最低条件を壊す事態が起こりえることに気付き、
そして、8・30の総選挙を迎えました。

私はタイ在住ですが、前々から今回の選挙は投票したかったので、
在外者投票について調べていました。
しかし申請から承認までに3ヶ月かかる事や
私の場合は日本に住民票を残しているため、
帰国する以外に投票する方法はありませんでした。
都合良く父の法事と重ならないかと願っていたところ、
近い日程になったので、日本へ戻り、投票して来ました。
(海外に居ても、日本の動向は影響があるので、
本当はもっと在外投票の制度を見直して欲しいものですが。。)

選挙の前後、複数の友達とこの話題が出て、
「誰がやっても変わらない」という言葉を何度も耳にしました。

いつのことからか、自分を取り巻くの出来事を、
「何をしても変わらない」「誰がやっても変わらない」と
主権ある立場であるのに、つっこんだ話をしたくないのか、
まるでトランプで言うジョーカーのように、
切り札のように使われる場面を多く目する様になりました。

私は、この社会を作るのは、個人のごく小さな事柄の1つ1つの判断が結果で、
すべての物事に対して、誰がやっても変わらないとは思わないし、
「変わらない」を肯定してしまったら、私達一人一人の存在価値がないことになる。
私の40年弱あまりの人生経験に基づいて言えば、
どの瞬間にも人間は変わる事ができると思います。
私自身の大きく人生を変えた出来事は、
他人にしたら、とるに足らない小さな事であっただろうし、
私は割と感化されることも多く、
読書や映画鑑賞、人と話した時でも、どこかしら同化してしまうところもあります。
しかし、もともとの自分があるので、時間と共に影響されたが消化され、
必要なごく一部分だけ、身体に残っていきます。

巨大で、複雑なである国家のシステムであろうと
それを構成しているのは個人であるのだから、
ある指針が決まっていようと、関わる個人のキャラクターによって、
決断の時期、実行能力や物事の分かりさなど色々な違いがあり、
最終的には大きく結果に影響することだ思います。

ということで、日本の政治のことで言えば、
私は新しい政権に期待をして、これからどのように日本が変わっていくのか、
楽しみにしているところです。

こんなことをを考えていたら、
私が大学の時、本気で写真を勉強しよう!と思うきっかけを作ってくれた、
ユージン・スミスの言葉を思い出したので、転載します。

『写真はせいぜい小さな声にすぎないが、ときたま~ほんのときたま~一枚の写真、あるいは、ひと組の写真がわれわれの意識を呼び覚すことができる。写真を見る人間によるところが大きいが、ときには写真が、思考への触媒となるのに充分な感情を呼び起こすことができる。われわれのうちあるもの~たぶん少なからぬもの~は影響を受け、道理に心をかたむけ、誤りを正す方法を見つけるだろう。そして、ひとつの病の治癒の探求に必要な献身へと奮いたつことさえあるだろう。そうでないものも、たぶん、われわれ自身の生活からは遠い存在である人びとをずっとよく理解し、共感するだろう。写真は小さな声だ。私の生活の重要な声である。それが唯一というわけではないが、私は写真を信じている。もし充分に熟成されていれば、写真はときには物を言う。それが私~そしてアイリーン~が水俣で写真をとる理由である。』

どのユージンスミスの作品も素晴らしく好きですが、
中でも一番好きな写真が冒頭の写真。「楽園へのあゆみ」
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lannacafe.blog65.fc2.com/tb.php/44-c3f86df3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

Twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

uta

Author:uta
FC2ブログへようこそ!

Extra

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。