Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C46]

こんにちは。

写真見ました。
こういうのを紹介してくださってありがとうございます、です。
日本のニュースでは当たり障りのないことしか伝えていなくて、バンコクがどういう状態になっているか正確にはわからないんです。
早く平和が訪れることを祈っています。

[C47] Re:ruokhさま

コメントありがとうございます。この騒乱は本当に根が深いです。歴史的に見ると、赤vs現政府/黄色という今回の形だけではなく、民衆(or学生) vs政府/軍隊という形で、1992年、1976年、1973年と度々起こっていています。国家システムを根本的にいじらないと、また起こりえるでしょうね。

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lannacafe.blog65.fc2.com/tb.php/554-52292f61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

tomorrow is another day 

なんともやりきれない気持ちで、
バンコクの情報を収集していると、
The Sacramento Bee
というカリフォルニア州のサクラメント市の
ローカル新聞を見つけました。
今回の惨事の報道写真が載っているのですが、
いわゆる報道以上の価値のある写真だったので、
是非、皆さんにも見て欲しいなと思いました。

軍隊、赤シャツ隊とひとまとめに、
見ているところがありますが、
このような写真を見ると、
何かしら、今までと違った感情が湧きます。

バンコクにいる人は、目の前の惨事なので、
350キロ離れた私のように感じるのは
無理かもしれません。
公僕にしろ、抵抗勢力にしろ、
同じ命の重さ、
双方とも懸命に過ぎなかった、と感じます。

ニュースについている
色々なコメントを見ていますが、
いくら赤シャツを憎んでいても、
一方、政府側を憎んでいても、
事態はまったく収拾せず、
水面下も含め、ますます激化するでしょう。

ヤフージャパンのトピックになっていて、
読んだ人も多いと思いますが、
タクシン支持者の原点にもストーリーがあります。
日本人の中には、反タクシンの感情の強い人が多い、
と思うのですが、これらを読んで、
我々一人一人の心が妥協点を見つけられれば、
みんなの好きなタイに戻れるはず、と思います。
(ニュースウィークやCNNは、
やや反・現タイ政府よりですけれど)

タイ動乱「陰の主役」の真実
ニューズウィーク日本版(2010年5月19日)

タイ新首相を悩ますタクシンの真実
ニューズウィーク日本版(2009年4月28日)

バンコクはすっかり様子が変わり、
荒れ果ててしまいましたが、
風と共に去りぬ』のスカーレットのように、
明日は明日の風が吹く」(tomorrow is another day)
と希望を持ちたいものです。
関連記事

コメント

[C46]

こんにちは。

写真見ました。
こういうのを紹介してくださってありがとうございます、です。
日本のニュースでは当たり障りのないことしか伝えていなくて、バンコクがどういう状態になっているか正確にはわからないんです。
早く平和が訪れることを祈っています。

[C47] Re:ruokhさま

コメントありがとうございます。この騒乱は本当に根が深いです。歴史的に見ると、赤vs現政府/黄色という今回の形だけではなく、民衆(or学生) vs政府/軍隊という形で、1992年、1976年、1973年と度々起こっていています。国家システムを根本的にいじらないと、また起こりえるでしょうね。

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lannacafe.blog65.fc2.com/tb.php/554-52292f61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

Twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

uta

Author:uta
FC2ブログへようこそ!

Extra

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。