Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C443] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C444] Re: 本日利用しました

Jamesさん、情報ありがとうございます。
しばらくアヌサワリー発のミニバスを利用していなかったのですが、
11月からハイシーズンということもあってか、
ミニバスよりもサイズの大きいマイクロバスのようなものになったようですね。

お知らせありがとうございました。
以下、引用しますね。

> 本日2011年11月13日、アヌサワリーからミニバスで来てみました。
> 乗り場は、病院前ではなく向かい(記念塔から見て南東)で、
> 11時過ぎに言ったところ、出発は11時半とのこと。
> 全部で16人(運転手を含む)乗れるようですが、本日は9人。
> 一番後ろの席を半分つぶしてバックを積んでもらいました。
> 日曜日だからか、人が少ないせいか,追加料金も取られずに
> すみました。
> 最高速度120k、トラートの街のバスステーションを経由して、
> タマチャート到着は17時。
> フェリーは片道80バーツでした。
  • 2011-11-15 15:23
  • uta
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lannacafe.blog65.fc2.com/tb.php/62-aa9a712b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ミニバス(2) アヌサワリー⇔チャーン島

バンコクのホテル(自宅)~チャーン島ホテルまでの
ドア to ドアのミニバス900バーツをご紹介しましたが、
今回、BTS駅アヌサワリーと
チャーン島に渡るフェリーが出ているタマチャート港を
往復している新設されたミニバスをご紹介。

まずは驚きの価格、300バーツ/片道/人。
900バーツのミニバスと比べると、シートが狭く、
お子様でも席を取らないとときついと思います。

運航時間は、毎日約2時間ごとに出発。
アヌサワリー発は、7時が始発で、
9時、11時......という具合で、19時まで。
所要時間は4時間半ちょい。
(ガソリンスタンドでトイレ休憩あり/1-2回)

出発場所はBTSアヌサワリーの3番出口から出て、
記念塔のあるロータリー方面へ行きます。
100-6120NDSC.jpg

改札口から繋がる歩道橋で、
ラチャウィティー病院前を過ぎ、
露店脇にある有料トイレ前へ行く階段を下り、
その階段裏に回り込むと、
写真のようなチケット売り机があります。
100-6121NDSC.jpg

書いてある行き先には、英語はなく、タイ語のみ。
チャーン島をタイ語で書くと、เกาะช้าง
すぐにわかると思います。

チケットを買ったら、
出発までプラスチックの椅子に座って待ちます。
とにかく暑い!
車がぶんぶん目の前を通るので、空気も悪いし。。

ロータリー側の歩道にコンビニや屋台があるので、
出発時間10-15分くらいまで、
そこにいても良いと思います。

チャーン島に渡るフェリーは19時が最終出発で、
それに間に合わないミニバスは、トラート市内着。
13時までに乗れば、同日チャーン島に渡れます。

【ミニバスを降りた後】

タマチャートのフェリー料金は往復120バーツ/人。
駐車場入り口付近のチケット売り場でお求め下さい。
チャーン島側の港、サパロットに到着したら、
島のタクシー(ソンテウ)が幹線道路を渡った所で
待っているので、宿泊ホテル名、
もしホテルが決まっていない人はビーチ名で乗車。

ソンテウの料金は距離、
日中/夜間、乗客の数によって違います。
カイベーへは、標準運賃は60バーツ。
人が少ないと、高い場合が有るので、
乗る前に確認、交渉してください。

帰りはタマチャート港 始発は8時(8時半の場合も)、
同じく約2時間ごとにアヌサワリーに向かいます。
料金、所要時間など、行きと同じ。
念のため、その時帰りの時間を確認してください。
乗り場は、海を背にして右手の売店脇になります。
そばに行くと、看板が出ているのでわかるはず。

このミニバス利用の注意点は、
◎人数が極端に集まらなかった場合、
定時を過ぎても客待ちをし、出発が遅れることがあります。

◎事前予約はできません。
 乗車当日、直接チケット売り場に出向いてください。
 乗車の朝にチケットを買いに行き、
 午後に乗る事はできます。

◎最後部に荷物を載せるスペースがありますが
 車全体で、スーツケース2つ載せるともう一杯です。
 荷物の多い方は、別の方法が良いと思います。

◎このミニバスは4列シート、やや足元は狭いです。
 ほとんどのお客はタイ人で、途中で降りる人もいます。
 トラート市内経由で、終点がタマチャート港です。
 ルート上である他の港でも降りる事が出来ます。

【こんな人におすすめ】
思い立ったが吉日でチャーン島に来たい方、
安く早く着きたい方、
アヌサワリー周辺にお住まいの方
エアコンの効きが少々悪くても、平気な方
荷物の少ない方 

という感じです。
なんとなく利用勝手が理解できましたか?

バンコクとチャーン島を時折、往復する私は、
900バーツのミニバスを一番利用していて、
あとは飛行機とエカマイバスも使います。
バスは安くて、それなりに快適だけれど、
荷物が多いと自力でそれをフェリーに乗せたり、
島内のソンテウ利用があまり好きじゃないです。
一番好きなのは飛行機。
待ち時間入れても、バンコク市内から
我がカフェまで約4時間ちょい。
値段が高くても、体が一番楽。
関連記事

コメント

[C443] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C444] Re: 本日利用しました

Jamesさん、情報ありがとうございます。
しばらくアヌサワリー発のミニバスを利用していなかったのですが、
11月からハイシーズンということもあってか、
ミニバスよりもサイズの大きいマイクロバスのようなものになったようですね。

お知らせありがとうございました。
以下、引用しますね。

> 本日2011年11月13日、アヌサワリーからミニバスで来てみました。
> 乗り場は、病院前ではなく向かい(記念塔から見て南東)で、
> 11時過ぎに言ったところ、出発は11時半とのこと。
> 全部で16人(運転手を含む)乗れるようですが、本日は9人。
> 一番後ろの席を半分つぶしてバックを積んでもらいました。
> 日曜日だからか、人が少ないせいか,追加料金も取られずに
> すみました。
> 最高速度120k、トラートの街のバスステーションを経由して、
> タマチャート到着は17時。
> フェリーは片道80バーツでした。
  • 2011-11-15 15:23
  • uta
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lannacafe.blog65.fc2.com/tb.php/62-aa9a712b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

Twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

uta

Author:uta
FC2ブログへようこそ!

Extra

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。