Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C451] 考えること

「考える」ことは、とても大事だと思う。

楽天家語録(笑)のひとつ、「悩む」を「考える」置き換える。
僕は、苦しかったり、悲しかったりすると、そのことについて「考える」ことにしている。例えば、「僕は、パートナーとの関係について悩んでいる」ではなく、「僕は、パートナーとの関係について考えている」・・・ずいぶん響きが違う、と僕は思う。

ついでに楽天家語録(笑)をもうひとつ、考えても分からないことに時間を使わない。
天気や自然現象、人の本当の気持ちや感情、等々案外考えてしまう。この手のことは、僕は考えるより動いてみる。天気なら情報を集めたり、人の感情なら本人に聞いてみる。聞いても本当のことを言わないって!?恋愛中の恋人同士なら、真実を言っているかどうかよりも、相手のことを信じられるかどうか、の方が大事だと思うし、恋愛以外のことでも、言葉以外にも相手の表情や声のトーンとか情報はたくさん得られるはず。何より、自分が何を考えているかが、相手に伝わるもんね。

僕の場合、こんなことしながらここまで着たよ。もちろん、考え方は人それぞれ。こんなんでも、何か参考になればと思い書きました。楽天家語録、また機会があればお披露目いたします。(笑)
  • 2012-01-10 21:33
  • 楽天家
  • URL
  • 編集

[C452] Re:楽天家さま

いい話、ありがとうございます。
時々、友達と彼の話を相談して、私が話す彼のスタンスは一般的な尺度で考えると私の気持ちを無視した自分勝手な行為に映り、友達のアドバイスはいつも「彼と居てもウタは幸せになれない」と言われます。真に受けて、一度別れようと行動を起こしたこともあったのですが、その時、彼を怒らせたのは、友達の話を聞いて、自分で考えることなく、影響を受けて、判断をすること。実際は別れる勇気なんて、有りもしないのに。そして、わかったのは、その時の言葉だけでなく、時間をかけて、状況、彼を把握すること。
相変わらず、友達に話すといろいろ言われて、一瞬影響を受けそうになるけれど、前回の教訓を生かさないと。特に今回私にとって、彼はかけがえのない人のような感じがするので、ゆっくり時間をかけて、どうなっていくのか、成り行きを見ていきたいと思います。
楽天家さん、お会いした時、ホント飄々としていた様に感じたけれど、こんなことを考えたことがあるなんて、すごく意外。私の気持ちもよくわかってくれそうで、このアドバイス、勇気になって、すごくうれしかった。ありがとうね。
  • 2012-01-10 22:30
  • うた
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lannacafe.blog65.fc2.com/tb.php/665-1aacd6b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

マリーナの最終日

サンフランシスコからエディーお父さんに会いに
きていた16歳の娘、マリーナ。
40日経ち、今日がチャーン島滞在最終日。

日本の16歳よりもずっと大人びていて、
アメリカの国柄なのか、
英語のネイティブスピーカーのせいなのか、
お客さんと対等に話し、
嫌な客が来た時にははっきり表情で示し、
しつこくディスカウントを迫るお客には、
「私たちだってお金が必要なの」
とはっきりノーを言う。
日本人の「お客様は神様」的考え方とは全く反対。
カルチャーの違いをいろいろ感じた。

ところで、
私の立場はエディーの恋人であるけれど、
籍がまだ入っていないので、
彼女や元家族たちには微妙な立場で、
そのことが一時私をすごく悩ませた。
彼女が来た頃は仲良くしていたのに、
特にクリスマス前後から、大晦日辺り、
私の方がずっと年上なのに、
マリーナへの対応がわからず、
夜になると、カレンダーを見て、
いつになったら解放されるかな、
と考えていた。
その時、マリーナは私よりも、
もっと当惑していたことでしょう。

年が明けて、なぜかわからないけれど、
朝日を見たら、いろ~んなものが吹っ切れて、
そんな気持ちで接していたら、
すべてが楽になって、
マリーナとも積極的に
コミュニケーションが取れるようになった。
一緒に海に泳ぎにいったり、
スパに招待したり、
何か気になることがあって、
離れていたら気軽に電話したり。
残念なことに、ホント最後の数日だったけれど。

マリーナが来タイして、
その後、お義母さんが亡くなり、
そしてマリーナが帰ってしまい、
何だか、また心にぽっかり穴が
空いてしまったような寂しさ。

明日からの数日、
エディーは娘とバンコク観光を楽しみ、
私は店番。
彼が戻って来たら、
エディーと私で生活設計を仕切り直し。
私に面と向かってはまだ言わないけれど、
「どうせ年を取るまで(死ぬまで)一緒にいるんだから、
今はこの状態でいい」と友達に話しているのを聞いた。
この言葉通りなら、不安に駆られる必要がないなぁ、と思った。

私が今まで体験した恋愛より、
人間関係が複雑で人数が多い分、とても重厚な恋愛。
私にとって、みんな大事な家族なので、
大切にできたら、と思ってます。



関連記事

コメント

[C451] 考えること

「考える」ことは、とても大事だと思う。

楽天家語録(笑)のひとつ、「悩む」を「考える」置き換える。
僕は、苦しかったり、悲しかったりすると、そのことについて「考える」ことにしている。例えば、「僕は、パートナーとの関係について悩んでいる」ではなく、「僕は、パートナーとの関係について考えている」・・・ずいぶん響きが違う、と僕は思う。

ついでに楽天家語録(笑)をもうひとつ、考えても分からないことに時間を使わない。
天気や自然現象、人の本当の気持ちや感情、等々案外考えてしまう。この手のことは、僕は考えるより動いてみる。天気なら情報を集めたり、人の感情なら本人に聞いてみる。聞いても本当のことを言わないって!?恋愛中の恋人同士なら、真実を言っているかどうかよりも、相手のことを信じられるかどうか、の方が大事だと思うし、恋愛以外のことでも、言葉以外にも相手の表情や声のトーンとか情報はたくさん得られるはず。何より、自分が何を考えているかが、相手に伝わるもんね。

僕の場合、こんなことしながらここまで着たよ。もちろん、考え方は人それぞれ。こんなんでも、何か参考になればと思い書きました。楽天家語録、また機会があればお披露目いたします。(笑)
  • 2012-01-10 21:33
  • 楽天家
  • URL
  • 編集

[C452] Re:楽天家さま

いい話、ありがとうございます。
時々、友達と彼の話を相談して、私が話す彼のスタンスは一般的な尺度で考えると私の気持ちを無視した自分勝手な行為に映り、友達のアドバイスはいつも「彼と居てもウタは幸せになれない」と言われます。真に受けて、一度別れようと行動を起こしたこともあったのですが、その時、彼を怒らせたのは、友達の話を聞いて、自分で考えることなく、影響を受けて、判断をすること。実際は別れる勇気なんて、有りもしないのに。そして、わかったのは、その時の言葉だけでなく、時間をかけて、状況、彼を把握すること。
相変わらず、友達に話すといろいろ言われて、一瞬影響を受けそうになるけれど、前回の教訓を生かさないと。特に今回私にとって、彼はかけがえのない人のような感じがするので、ゆっくり時間をかけて、どうなっていくのか、成り行きを見ていきたいと思います。
楽天家さん、お会いした時、ホント飄々としていた様に感じたけれど、こんなことを考えたことがあるなんて、すごく意外。私の気持ちもよくわかってくれそうで、このアドバイス、勇気になって、すごくうれしかった。ありがとうね。
  • 2012-01-10 22:30
  • うた
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lannacafe.blog65.fc2.com/tb.php/665-1aacd6b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

Twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

uta

Author:uta
FC2ブログへようこそ!

Extra

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。